読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4歳上500万下

血統好き大学生の拙い書き殴り。「“血統表”と“現実に何が表出しているのか”とのすり合わせ」によってその馬の真実に迫ろうとすること(望田潤先生)

土曜の3歳戦 ~ ヴゼットジョリーとジョーストリクトリの母系で光るHyperionとLady Juror(Son-in-Law)

Road to Classic 2017 レース考察2017

アーリントンCは、ペルシアンナイトは置いておいて、個人的な注目はヴゼットジョリージョーストリクトリ。このブログでも何度も登場していますが、3歳世代でも相当好きな2頭です。

ヴゼットジョリーは母母フェンジーの影響が強い重厚な斬れ方をする中距離馬とみていて、だから阪神マイルを後方からジリジリ伸びて5着だった阪神JFは「らしい」負け方。とにかく万全な状態でオークスに出走してほしいです。

3頭の中で最も好みなのはヴゼットジョリーで、新潟2歳の頃は「Haloも感じさせる」と書きましたが(もちろん影響がゼロではない)、改めてレースを見てみるとMill Reefや母母フェンジー(Saumarez×Lyphard)の影響が大きい重厚な持続斬れにうつりました。今年の新潟2歳のレベルは高いとは言えないと思いますが、決して新潟マイルのヨーイドン向きではない馬が楽勝したということをむしろ評価したい。しかし和田騎手乗り替わりで外枠の持続差し...というとアヴェンチュラの4着が思い出されます(-_-;)

《展望》阪神JF ~ 中距離馬の斬れで - 4歳上500万下

一方◎ヴゼットジョリーはHaloの影響か気性面の課題は少ない。欧血が凝縮された母母フェンジーの影響で重厚な斬れ方をする馬で、新潟2歳のメンバーレベルは高いとは言えないのだが、こんな斬れ方をする ー ハープスターロードクエストミュゼスルタンやモンストールらとは違うタイプ 馬が2歳時のマイル重賞を楽勝してしまったという事実は軽いものではない。昨年の牝馬3冠路線で、母のスタミナで持続戦になると必ず突っ込んできたアースライズ(オークス4着/秋華賞5着)のようなキャラになるのではないかと考えているが、良い意味で期待を裏切ってほしい。その可能性を感じる新潟2歳だった。

-----

「〇ソウルスターリングも▲リスグラシューも素質は相当で、オークスでこの2頭がワンツーフィニッシュをしても何ら驚けないほど」と書いたように、昨年の朝日杯のリオンディーズエアスピネルに似た雰囲気を感じてはいたものの、ベルルミエールのファルコンS4着→NZT3着の粘り腰が思い出され、いやそれならば阪神マイルで◎は違うだろうと葛藤しながらも、この血への気持ちが優りました(笑)

距離が短い中で、馬群に突っ込むという競馬を経験、非常に良い負け方だったと思います。かなり重厚な斬れ方ですから距離を伸ばしたオークスで◎です(やや前付け希望)。

《回顧》阪神JF/香港ヴァーズ ~ サトノクラウン、ヴゼットジョリー...Welsh Pagentに惹き付けられていた。残るはアンビシャス。 - 4歳上500万下

 

ジョーストリクトリも父のように3代母Sudden FlashHYぺりおn×Lady JurorのTudor Minstrel5×4なので、距離延長はそんなに気になりませんし、相手が強くなっても底力があるので頑張れてしまうタイプと思います。清水先生×武豊騎手という、キタサンブラックトウケイヘイロー(それぞれ父がブラックタイドゴールドヘイローというのもジョーストリクトリと被る)と同じコンビで楽しみです。

なずな賞は圧倒的にジョーストリクトリに期待。成長したら厳しいペースでこそ持ち味を活かすタイプで、ぜひ兄のようにNHKマイルに出走させたい。

ジョーストリクトリは、ジョーカプチーノ×キングヘイローという配合で(これだけで「ほ~ん」ってなる)、父父マンハッタンカフェを非Northern Dancerとする3/4Northern Dancerという配合系。

ジョーアラマートは、Northern Dancer+ナスキロでみればダンシングブレーヴ≒Topsider2×2、ナスキロでみればSir Gaylord≒Drumtop5・5×3、Tom Fool≒Attica6・5×6でもある相似配合系。

自身は、Caerleonダンシングブレーヴ4×3(Northern DancerとナスキロとTom Fool的な血)に加えて、3代母Sudden FlashHyperion×Lady Jurorの重要血脈Tudor Minstrel5×4で、父が内包するバレークイーントウショウボーイの欧血も増幅、Sudden FlashのWar Relic2本、Tom FoolRibotBold RulerLaw Societyも増幅してもいる全体的にすごい相似配合。

《京王杯2歳S/ファンタジーS/他2歳戦》クリアザトラック≒(マカヒキ+ディーマジェスティ) - 4歳上500万下

なずな賞は期待したジョーストリクトリが快勝。

新馬で目を付け、京王杯でも将来性を見込んで推していたのでこれは嬉しい。

ジョーカプチーノ×キングヘイローなのでHalo≒Boldnesian≒Drone≒Sir Ivor4・6×5・4・5、また母系にもTom Foolを持つのでAlanesian≒Flaming Page≒Tom Fool≒Attica7・6×6・6・7ともいうHalo/Tom Foolの増幅具合で、マンハッタンカフェ、いや現代の日本競馬は本当にこの血の影響下にあります。

しかしジョーストリクトリの面白いところは3代母Sudden FlashがTudor Minstrel4×5というHyperion×Lady Jurorという重厚な欧血のクロスを持っているという点。

ジョーカプチーノも母ジョープシケはフサイチコンコルド(←バレークイーン←Sadler's Wells)×トウショウボーイ(Hyprion3×4)とHyperionとLady Jurorを含みますから、先述したHalo/Tom Fool的な「軽い」血に加えて、重厚な血も薄くクロスされていて全体的に薄い相似配合系になっているというのが他の馬と一線を画すところです。

中京の長い直線を重厚なストライドで走る姿は父のNHKマイルCを観ているようでした。目指せ父と同じファルコンSマイルCです。

ここ2週の3歳戦をまとめて - 4歳上500万下

キョウヘイは良馬場でも終いに賭ける競馬ならば好走はイメージできます。レッドアンシェルRibotの影響で肩が立っているので外回りのマイルでは勝ち切れなさそうで、マーガレットS(内回り1400)なイメージ。

 

水仙賞のサトノクロニクルは社台系ハーツPOG(10頭指名)の指名馬で、Busanda増幅こそスワーヴリチャードと比べるとないのですが、母はNorthern Dancer5×4、Past Example≒Caerleon4×2(ナスキロラトロ+Tom Fool的な血)でハーツでも走ってきそうな配合。ただ春2冠出走というのは厳しい感じはします。

イブキは大箱向きで、京成杯は内回り2000の内枠(+休み明け)という、モーヴサファイアの新潟2歳のような外的要因の不向きさ。今回は中山でも外回りで小頭数、精神的なショックなどがなければ走ってきそうです。

フワラープレミアはRobertoらしさを感じるお尻をしていて、昨夏から注目していましたが急成長してないかなぁ。

 

中山7Rはデアレガーロカリンバに注目。

デアレガーロはシュプリームギフト=ベステゲシェンクの3/4妹で、マンハッタンカフェのAlleged4×3、牝馬でも2000でデビューさせたということはスタミナが伝わっているのでしょう。母スーヴェニアギフトは、Stop the Music≒Boldnesian4×5と、マンハッタンカフェの配合のポイントであるHalo≒Boldnesianを増幅しています。母父Souvenir Copyの母母Sophisticated GirlはTom Fool3×3でもあります。

カリンバ新馬戦の直前に、以下のように書きました。

 中山5Rの新馬の注目はルーラーシップ×ディープインパクトカリンバ。 母アフリカンピアノはワールドエースの全妹で、自身はラストタイクーン≒Alzao4×4、キンカメとディープのラストタイクーンAlzaoで母母がHyperion多めというのはデニムアンドルビーと似ています。小さいのかなぁ?

土曜の注目馬 ~ グリトニルの素質を開花させたい - 4歳上500万下

同じルーラーシップ×ディープインパクトのヴァナヘイムと比べると、ヴァナヘイムの方が牡馬ということでパワーが伝わっている気がします。懸念していたようにやはり小さかったですが、独血統に雄大なフットワークというのはビッシュを想起させますね。

 

阪神4Rの未勝利には名繁殖の仔が多く出走しますが、初出走のチャレアーダに大注目。

そう多くないサンプルの中から、ワールドエースやエックスマーク、現4歳世代は2頭しかいなかったうちの2頭がビッシュとサトノキングダムという「ディープインパクト×Acatenango」。現3歳はこのチャレアーダだけ、そして彼女はディープインパクト×Acatenangoというだけでなく、ウインドインハーヘア≒Unfuwain2×3(Northern DancerとBurghclere≒Heiht of Fashion)というニアリークロスも持っています(ロマンはあるが、あまり結果は出ていない←Hyperion牝馬だと小さく出やすい)。

ディープ牝馬に合うRivermanも内包していますし(逆にHabitatが気になる)、レベルの高いこの世代の牝馬の最終兵器となるよう期待をしておきます。

 

-----

 

【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)

望田潤氏のブログ 血は水よりも濃し 望田潤の競馬blog

栗山求氏の連載『血統SQUARE』http://www.miesque.com/motomu/works.html

『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

広告を非表示にする