読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4歳上500万下

“血統表”と“現実”のすり合わせ、“競走馬の個性”の解釈

土曜の注目馬 ~ グリトニルの素質を開花させたい

土曜は3場で、2歳500万の特別戦が行われます。

中山9Rのひいらぎ賞には、贔屓しているグリトニルが出走。

でもやっぱり期待したいのは◎グリトニルで、デインヒル増幅のディアウィンクから生まれた非日本的な名馬ナカヤマフェスタを、ノーザンテースト5×4、Lyphard5×5、Flower Bowl≒Aureole6×6・6、Buckpasser7×5などで増幅させた配合で、こういうタイプが新潟マイルの新馬を33秒4の大外一気で勝ったという事実は重く、この距離延長はプラスなはず。ナカヤマフェスタのコピー版だから、オリジナルな強さとはいかないかもしれませんが、ナカヤマフェスタのような馬になってくれないか。

《府中牝馬S/紫菊賞/プラタナス賞》ナカヤマフェスタの相似配合グリトニル - 4歳上500万下

1800以上で気性難の馬を乗りこなすのが上手い戸崎騎手や横山典弘騎手に乗り続けてもらいたい...というのが本望で、こういうタイプが中山1600の内枠で勝ち切るイメージが湧かないし、またこういう息の入りにくいレースを使ってしまうのか。相手は強くても、地元の旧エリカ賞だったり福寿草特別を使えば、将来は相当出世する素質馬だと思うんだけどなぁ。

コース替わりで注目したいのはイノバティブ。「父中長距離馬×母父短距離馬」らしい機動力があるタイプで、同じ小回りでも2走前のきんもくせい特別は外枠で出遅れたもので参考外。中山マイルや札幌1500がいかにも合っていそうなタイプです。

 

中京10Rのつわぶき賞には、非社台系ディープPOG(10頭持ち)で指名しているキャスパリーグが出走。2勝目を挙げて重賞に出てもらえるとポイントも稼げるんですが。思えばこの馬もグリトニルと同じ杉山オーナー×浅見師のコンビでした。

 

阪神9R樅の木賞の注目はアイアンテーラー

もちの木賞で早め先頭4着だったアイアンテーラーには触れておきたい。

ファンシミンダイナフェアリーの牝系で、ファンシミンはAlibhaiの影響か、ラインクラフトアドマイヤマックスといった短距離馬、トウケイヘイローやマルカフリート、アドマイヤロイヤルといった芝馬でもパワー型、そしてダート馬を出しているように「パワー」を感じさせる馬が多い牝系です。

アイアンテーラーは父ノーザンテースト×母母ファンシミンダイナフェアリーに、リアルシャダイティンバーカントリー配された母オータムブリーズは、マエストラーレ(父ネオユニヴァース/4勝)、コルポディヴェント(父フジキセキ/5勝)などを産んでおり、今回は初のゴールドアリュール

ゴールドアリュール×ティンバーカントリー母母リアルシャダイ内包」というのはコパノリッキーと同じ。ニキーヤ(Nureyev、Vaguely Noble)、ティンバーカントリー(Fall Aspen)、ノーザンテースト(Lady Angela)という質の高い「Hyperion凝縮名馬」が散りばめられています。

明らかな晩成型ですし、ケイティブレイブだってこの時期の500万では勝ち切れていなかったのですからね。これで500突破→ヒヤシンス4着くらい走ってもらえるとダート王の可能性アリとなるのですが。...ってとこまで書いて牝馬ということに気が付いた。

15産のカネヒキリ、16産のフリオーソはどちらも牡馬。ダの大物としての期待をかけたい。

マイルCSミニ回顧 / 先週の注目2歳馬 - 4歳上500万下

 

中山5Rの新馬の注目はルーラーシップ×ディープインパクトカリンバ。 母アフリカンピアノはワールドエースの全妹で、自身はラストタイクーン≒Alzao4×4、キンカメとディープのラストタイクーンAlzaoで母母がHyperion多めというのはデニムアンドルビーと似ています。小さいのかなぁ?

 

中山6Rの新馬ルールアゲンはクイーンC3着で阪神で出走するウインクルサルーテの半弟。セン馬になっているのが気になりますが...

母パッショナルダンスは5代母がPocahontas(Tom Rolfeの母、Alzaoの母母)で、ウインクルサルーテShareef Dancerダンシングブレーヴ5×3、本馬はラストタイクーンダンシングブレーヴやや似ている。

この牝系からはランバダスタイル→オペラハウス→ディープインパクトAlzaoダンシングブレーヴ3×3、Pocahontas5×5という2歳馬がいます。

血統情報:5代血統表|ヴェネーノ|JBISサーチ(JBIS-Search)

 

中山3Rのミッキーワインジュンアイルランドに注目。

ミッキーワインは非社台系ダイワメジャーPOG(10頭持ち)指名馬

母ウエスタンダンサーは08年の京阪杯など通算6勝の活躍馬、デヒア産駒なので、その母Siter Dotを通じてナスキロ+Tom Fool的な血を取り込むことができます。昨年はボールライトニングが結果を残しました。また、オペラハウスが入るのはメジャーエンブレムと同じパターンで、その母父High Topを通じて、Wild RiskやCourt Martialを通じてLady Angelaの増幅にもなっています。ウエスタンダンサー自身はNorthern Dancer4×4、Bold Ruler4×5、ある程度早熟さもありそうで走ってほしい。

《東スポ杯ミニ回顧 / 2歳戦 / マイルCS》Mikki Wine - 4歳上500万下

新馬戦の内容からもここでは明らかな力上位ですし、横山典弘騎手継続というのも大変心強い。

ジュンアイルランドは3代母Luv Luvin'からBrigid→リッスンが出ている血統で、母はLuv Luvin'にKingmamboにInvicible Spiritだから血統レベルは高い。

 

阪神3Rにはサトノグランが登場。

3代母Spring LightがTudor Minstrel(Son-in-Lawを持つ)とHornbeam経由のHyperion5×5、ここでトニービンを増幅しており、ワンアンドオンリーと同じようにHalo3×4とBusanda6×8でパワーを補強。

新馬をみた感想は、手元にある東スポの本誌松波さんが書いている「トモが薄い状態でも目を引いた好馬体」そのもので、明らかに「良い馬」という感想を持ちました。左にヨレてからは伸びてくれず、力を出し切っていません。

前走は気性面の悪さをみせましたし、非力なため内回りというのも合っていなかったでしょう。現状ベストは京都外回りだと思いますか、阪神マイルも悪くありません。誰がみても素質はかなりの馬です。

メルヴィンカズマヴィクトワールピサのMr.Prospectpr増幅で1勝は堅いとみえいるのでそろそろ。

 

阪神4RのアドマイヤアローHyperion凝縮繁殖アドマイヤラピス→ロイヤルカードの仔なのでいつでも一変可、ロックイットはナカヤマフェスタ×ロックオブジブラルタルデインヒル増幅のナカヤマフェスタにさらにデインヒルでこちらも面白い配合。

 

アドマイヤラピスといえば、中京6Rのラブフルーツの母アドマイヤトパーズはアドマイヤベガ×アドマイヤラピス

 

ターコイズSは、非常に難解でいろんな着地点があります。カフェブリリアントは肩が立ったピッチ走法なので中山マイルはかなり合っていますし、父中長距離馬×母父短距離馬らしい器用さがあるダイワドレッサーで同い年石川ユキトの重賞初制覇もみたい、アットザシーサイドも立ち回りは巧い。

ただ正直1200は短いウリウリが人気を落とすようなら狙ってみたいです。Halo≒Red God譲りの器用さがありますから阪神内1400でも好走、この秋はセントウルが上がり最速の0.4秒差9着、スプリンターズもレッツゴードンキに次ぐ上がりで0.4秒差、牝馬限定でここまで人気を落とすんですから。

 

derby6-1.hatenablog.com

 

-----

 

【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)

望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo

栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html

『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

広告を非表示にする