4歳上500万下

“血統表”と“現実”のすり合わせ、“競走馬の個性”の解釈

短考 ~ チャンピオンズC

気が向いたので、書き殴ります。

昨年のチャンピオンズCは向こう正面でブライトラインがペースを押し上げてアウォーディーのスタミナが活かし切らされたかというところでサウンドトゥルーの強襲...というレース。

一方、ホッコータルマエが押し切れるレースになることもあり、要は展開次第なのですが、コパノリッキーが最内枠ですし、(鞍上がポスト横山典弘騎手の天才なので何をしてくるか分からないが)1番人気も気分よく走りたい先行馬ということで、サウンドトゥルーサンビスタの時のような激しめのレースになるかなという気がしています。

となると当然サウンドトゥルーアウォーディーの昨年ワンツーコンビに注目なのですが、今回人気の盲点になっているのはアポロケンタッキーではないかと思うのです。

初めて一線級との対戦になった昨年の当レースで5着。掴みどころがない馬ですが、望田先生がいうようにRibotが強い馬で昨年より力を付けていることが明白なのであればこの人気の落ちようには注目してみたいところ。

サンビスタのイメージがしやすいのは鞍上込みでロンドンタウンであります。

サトノクロニクルPOGで選んでいて、なんでハーツなのにPOGで注目していたのかなと思えば、スワーヴリチャードと同様Busanda増幅があったからということを、以前の記事を見つけて思い出しました。兄ラーゼンがあんな感じですから、Robertoが今後どう作用してくるかですよね。ジャスタウェイシュヴァルグラン的覚醒はないのではないかという悲観的観測をしていますが...。

サトノクロニクルは母トゥーピーがBold ExampleとFresserのナスキロクロスなので緩いですが(ただでさえハーツは晩成)、この時期にここまでやれているのはBusanda≒Better Self6×7・7とBusandaを増幅できているからというのは間違いないでしょう。

土曜のかんたん回顧 ~ アドミラブル的、ディーマジェスティ的に - 4歳上500万下

現3歳世代では、ヴゼットジョリージョーストリクトリやグリトニルといったところが贔屓(ひいき)馬でしたが、2歳では葉牡丹賞で競馬にならなかった芦毛クレディブルがそれ。

グランド牧場生産のスズカマンボ産駒で、母ホワイトクルーザーはクロフネ×ホワイトカーニバル(サンビズタの母)という、お馴染の血統。つまり、サンビスタと3/4同血ということになります(間にクロフネが入っている)。

そんな馬が東京芝の新馬を上がり最速で差し切るのだから、面白い。

冬の乾燥した中京ダのGIを、牡馬相手に勝ち切ってしまう馬が生まれるスズカマンボ×ホワイトカーニバル(クレディブルの4代母グランドリームのYour Host≒Alycidon3×3に、スズカマンボの母スプリングマンボのGraustark5×4が強力に呼応!)という重厚なスタミナ&パワー配合ですから牡馬の方が大成しやすいですし、どういう馬に育っていくのか楽しみな1頭なのです。キングジョージプリンスオブウェールズSを制しても驚かない(笑)

オブセッションについてはまた今度ですね~