4歳上500万下

“血統表”と“現実”のすり合わせ、“競走馬の個性”の解釈

【Road to Classic2018】2017-2018勝ち上がりメモ

リアルタイムで観ている時はコメント欄にも諸々メモ。

 

6/3(土)

阪神5R(芝1600m)・ケイアイノーテック

ケイアイガーベラのダ短パワーを父で中和した形だが、芝のマイルで弾ける体質までにはなっていないか。

6/4(日)

東京5R(芝1600m)・ステルヴィオ

ロードカナロアの初勝利

母母アズサユミを1/4とする3/4Northern Dancer、ロードカナロアSeattle Slewも入るから柔軟性に優れている。Flower Bowl≒Your Host7×6も成立しているというのもポイントか。

阪神5R(芝1400m)・ヴァイサー

ノヴェリストの初勝利

バイスハイトはアドマイヤベガ×ソニンクでNorthern Dancer4×4、Monsunを1/4とする3/4Northern Dancer

 

6/10(土)

阪神5R(芝1400m)・アマルフィコースト

「母Northern Dancer系の本格派」、「Halo≒Sir Ivor3×5」、「母系Donatello」等、先生の提唱する「黄金配合」、サンデーサイレンスを1/4とする3/4Northern Dancerという配合系でもある。母のKris4×3が良い方向に作用したのだろう。

6/11(日)

東京6R(芝1800m)・ジナンボー

体質はソルティビット→アパパネのパワーとAlzao≒ラストタイクーン3×4が絶妙で素晴らしい柔軟性。走法はあれが母のTom FoolクロスをAtticaでニアリーに継続させたTom Fool的なものか...?

 

6/18(日)

阪神5R(芝1600m)・コスモインザハート

母マーゼリンはBarathea×デインヒル×Mill ReefなのでSadler's Wellsとデインヒルを通じるNorthern Dancer3×4、ハーツクライということでは、SpecialとMill Reefによるナスペリオン(NasrullahHyperion)のクロスとなっており、ここがHornbeam(トニービンの母父)と脈絡する好配合。

母父BaratheaはSadler's Wells×Habitatでナスキロ(NasrullahPrincequillo)のクロスでもあるからそういう緩さを打ち消すことができるか。

ただ、BRFの育成だからそうとは言い切れないがジャスタウェイ的な、“ハーツクライ牡馬が2歳のこの時期のマイル戦を勝ち切った”という事実が誕生した。

 

 6/25(日)

東京5R(芝1800m)・スワーヴエドワード

エイシンフラッシュ産駒は、①母が強いクロスを持っていること(Northern Dancerが最も望ましい)、②ムーンレディのRed God≒Stay at Home4×5的な血を(NasrullahなしのTom Fool的な血でも良い)増幅すること、以上の2点がポイントだと考えている。まさにマンハッタンカフェ2世である。

本馬の母スルージエアーはダンスインザダーク×デインヒル×ウインドインハーヘアという良血でNorthern Dancer4×4・5、Red God≒Stay at Home的な血ではHalo≒Sir Ivor3×5だし、Tom Fool的な血では、NijinskyBuckpasserが入るからFlaming Page(Nijinskyの母)≒Tom Fool≒Attica(Sir Ivorの母)4×6・6でもある。

さらにウインドインハーヘアということは母系がHyperionとFair TrialとDonatelloという重厚な欧血の塊で、ここがムーンレディの母母父Sure Bladeと脈絡するというのが妙ではないか。

重厚な大飛び過ぎて3歳春時に完成するとは思えないが良い馬だ。

 

阪神5R(芝1800m)・ダノンプレミアム

全兄ロードプレミアムをPOGで指名していたように、母インディアナギャルはZienelle≒デインヒル3×2(=Danzig4×3)、Habitatが入るのだがこのデインヒルパワーの方に魅力を感じていたわけだ。

そして母母Genial JennyはFlower Bowl≒ケロケット5×5で、このHyperionとSon-in-LawとDonatelloがBurghclere~ウインドインハーヘアに脈絡する。いつ重賞級の馬が出ても驚かない配合。