読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4歳上500万下

“血統表”と“現実”のすり合わせ、“競走馬の個性”の解釈

阪神JF 見解③アットザシーサイドとデンコウアンジュ

さて昨日まで、複数出しの種牡馬ステイゴールドダイワメジャーディープインパクト)たちを書いてきましたが今日はそのほかの馬。といってもチャンスがあるのはキングカメハメハメイショウサムソンの2頭という気がしますけどもね。

 

アットザシーサイドについて書く少し前置きを。望田さんは、キングカメハメハを「KingmamboNashua≒Nantallah3×5、Miesqueのハイインロー(HyperionとSon-in-Law)、ラストタイクーンのナスキロ」でどこを攻めるかによって様々なタイプを出す、「配合に素直なチャンピオンサイアー」と評されていますが、私はそのことをドゥラメンテでひしひしと感じました。ドゥラメンテはHornbeam≒パロクサイド6×5・5、NasrullahHyperionによる重厚な斬れ、つまりトニービンの再現性が高い配合で体質も走法も圧倒的に直線の長いコース向きです。それまで私はキングカメハメハ産駒は、パワー寄りで小回りが上手で...という短絡的な血統論ともいえない血統論を語っていましたが、ドゥラメンテのおかげで、笠さんの『配合史』の言葉をかりると、配合の「二者択一的なものではなく、もっと複雑な組成」を考える事の楽しさを知ることができました。

 

さて、新馬戦と秋明菊賞を楽勝してきたアットザシーサイドキングカメハメハは配合に素直ということですが、母父アグネスタキオンも母アグネスフローラの父ロイヤルスキーNasrullahのクロス、母アグネスレディーがLady JurorとHyperionのクロスだから、ダイワスカーレットキャプテントゥーレ型が出たり、ヒカルアマランサスディープスカイ型が出たりというように配合に素直です。つまり、キングカメハメハ×アグネスタキオンはラストタイクーンロイヤルスキーNasrullahと、Miesqueアグネスレディーでハイインローと脈絡するので、配合に素直なもの同士、斬れと粘り、どちらの要素も増幅できる配合といえるでしょう。

ルミナスハーバーブエナビスタ阪神JFで3着となった馬ですが、その母タックスヘイブンがNasrullah4×4・5、またアットザシーサイドの5代母にあたるPardon My SpeedがFail TrialとHyperionを持つので、ルミナスハーバーアグネスタキオンNasrullahとハイインローのどちらも増幅した配合といえるでしょう。

このように好配合といえる馬が合わさったアットザシーサイドですが、少しパワーに寄ったピッチ走法で走ります。これはThong=Lt.Stevens6×4(Nashua≒Nantallah5・7×5)的なものではないかという仮説を持っています。ただNasrullahを多くクロスさせてきた配合なので芝をこなす柔らかさも持ち合わせている、といったところでしょうか。母がNothern Dancerを持たないという点も良いです。とにかく加速力、器用さがあるので内伸び馬場やスローペースになった場合は今年のメンバーであれば突き抜ける可能性もあるかもしれません。

 

アルテミスSを大外一気で制したデンコウアンジュ。パッと目に入ってきたクロスはWorden6×7、トサミドリ6×6といったところ。3代母トウホーダイヤはPharis3×5、プリメロ=Avena4×4(Blandford5×5)、Tourbillon5×5など少し古いスタミナ寄りのクロスを持ち、メイショウサムソンも母父ダンシングブレーヴの力が大きいにせよ、サンプリンセスPrincely Gift×Worden)やGrey Sovereignというフランス的な斬れ方をする血を持っています。母父マリエンバードもCaerleonMill Reefですからナスキロ斬れといって良いのでしょうが、たいていマイルで斬れるような馬は、強く収縮するためにパワー血脈が見え隠れしているものです。デンコウアンジュにはあまりそのような血は見うけられないのですがCaerleonやLa Troienne3本、Drone≒Halo5×4が効いているのかどうか。もちろんサンデーサイレンスが入っているのも大きいのでしょう。

よりレースに特化した話をすると、追い出してからヨレたり気性的にかなり若い部分もありますし、現状でタフな阪神の馬場が合うかどうか。ただ前走のパフォーマンスはフロックとはいえませんし難しいところ。外回りは間違いなく合うはずですが。

 

こうやってほぼ全頭書くとやはりメジャーエンブレムが1番血統的にも魅力を感じますし、気性と鞍上含めても原点材料が少ないような気がします。馬場や枠順といった外的要因で結果が大きく左右されるジュベナイルフィリーズになるかと思います。

 

現時点では

◎メジャーエンブレム

〇ウインミレーユ

▲クロコスミア

△アットザシーサイド、アドマイヤリード、キャンディバローズ、デンコウアンジュ、ブランボヌール

 

広告を非表示にする