4歳上500万下

“血統表”と“現実”のすり合わせ、“競走馬の個性”の解釈

けっきょく、ノーザンテースト

札幌記念の直線終盤は、2017年になってもなおノーザンテーストの成長力か...ということだ。この感覚は最近だとミトラが重賞を制した時に似ているし、少し遡ればカンパニーの8歳秋だ。サクラアンプルールはメガワンダー同様来年の宝塚記念が条件的にはベストだろう。さらに成長すればカンパニー同様、毎日王冠秋天のスローでも好走するタイプだ。

 

ダイアナヘイローは、以前も書いたがロイヤルサッシュゴールデンサッシュ牝系にキングヘイローという点ではキングヘイロー×サッカーボーイクリールカイザーに近い。ゴールデンサッシュドクターデヴィアスフジキセキグラスワンダーキングヘイローと味がある。そしてもうノーザンテーストは5代血統表にはおさまっていない。

また、Princely Giftの血を引くという点では2着に好走したナリタスターワンと同じだ。この血は良くいわれるように、ステイゴールド産駒が京都の長丁場のGIで強いように、下り坂が得意といわれている。現在はどうか分からないが、数年前までスパイラルカーブ(4角が下り)である福島と小倉の1200は他場よりもサクラバクシンオーショウナンカンプ父子の産駒成績が良かった。

スターワンに関してはプロヴィナージュの半弟で新馬特別連勝で2番人気でアーリントンCに出走したほどの素質馬だし、近走はダートや出遅れなどがあった。さすがに過剰不人気過ぎただろう。彼にしてもサクラバクシンオーショウナンカンプだから、ノーザンテーストなのだが...