4歳上500万下

「血統表」と「現実」のすり合わせ、競走馬の「個性」の「解釈」

2016-12-12から1日間の記事一覧

《回顧》阪神JF/香港ヴァーズ ~ サトノクラウン、ヴゼットジョリー...Welsh Pagentに惹き付けられていた。残るはアンビシャス。

サトノクラウンが遂にGIを制しました。「絶対に種牡馬になるんだ」(なんて思っていないだろうが)という、ステイゴールドのような執念の差し切りでした。 僕の競馬への入り口となった馬がブエナビスタならば、血統配合への関心を最大級に高めたのがサトノクラ…