読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4歳上500万下

“血統表”と“現実”のすり合わせ、“競走馬の個性”の解釈

【外国産馬・持ち込み馬考察】Congrats産駒

ドゥラメンテの引退が決定したようですね。

あの重厚な斬れは、Hornbeam≒パロクサイド6×5・5による「ナスペリオン」配合によるもので、ルーラーシップとの比較ではサンデーサイレンスが入るからより動きが俊敏で、これが「完璧な配合」、「キズのない配合」である...と、多くのことを教えてもらいました。

何度も書いてきているように、左手前の方が得意な馬で、だからこそ「右回りの直線の長いコース」(=シャンティイ、ロンシャン)での走りを見せずに引退というのは残念というしかありません。

血統的にいえば、ディープインパクト以上に「日本近代競馬の結晶」というべきで、キングカメハメハサンデーサイレンストニービンにノザンテースト、基本は異系かナスペリオンなんでしょうが、また考えてみたいと思います。

僕にとっては、サトノクラウンの強力すぎるライバルというイメージが強いなぁ(^^;)

derby6-1.hatenablog.com

 

----------

 

20頭持ちの外国産馬・持ち込み馬POGをやっているんですが、日本の血統なら、牝系が分かるのでメモを見返せばスッと頭に血統表が浮かんでくれるんですが、外国産馬だとそうはいかず、なかなか決定できずにいます。

Frankel産駒の考察は以前書いたので、

derby6-1.hatenablog.com

 

今回は今年は良血が多いCongrats産駒について簡単に書いてみようと思います。

 

CongratsはA.P.Indy×Mr.Prospector、牝系はLa Troienne系でも、Easy GoerCaerleonを輩出したBig Hurryの分岐、さらにBig Hurryの分岐でも、殿堂入りスプリンターのAffectionatelyや、名牝Allez Franceらを輩出したSearchingの分岐です。

La TroienneにBlack Toney→War Amiral→Hail to ReasonGraustarkNorthern DancerMr.ProspectorA.P.Indyと配されたのがCongrats、良血ですね。

f:id:derby6_1:20160629191341p:plain

 

代表産駒は、オフビートジャズ、スーセントマリーの半妹に当たるTurbulent Descentハートレーの母ウィキッドリーパーフェクトなどで、日本ではジェルブドールが中央で2勝を挙げています。(ジェルブドールはCongrats×Elusive Qualityで、こうするとWild Applause=Hero's Honorの全きょうだいクロス3×4ができるんですね)

 

日本での賞金上位の配合を簡単にみてみると(そんなに頭数は多くないがw)、

ジェルブドールがPraise≒Elusive Quality2×2、Secretariat≒Sir Gaylord4・6×5、Seattle Slew=Silver Badge3×4の相似配合

デブリがSeattle Slew3×4、Mr.Prospector3×5、Northern Dancer4×4の相似配合

ヌーナがMr.Prospector3×4、Northern Dancer4×5、SecretariatSir Gaylord≒Gilded Lilly4・6×4の相似配合

チャイマックスSecretariat≒Sir Gaylord4・6×4、Northern Dancer4×4

 

A.P.IndyMr.ProspectorNorthern Dancerだから相似配合気味になるのは当然といえば当然なのですが、Wild Applause=Hero's Honor3×4の全兄弟クロスを通じるPraise≒Elusive Quality2×2、ナスキロ+Tom Foolで見ればWeekend Surprise≒Secrettame≒Sir Ivor3×4・5のジェルブドールが中央2勝(しかも芝で新馬勝ち)で獲得賞金1位というのは納得がいきますね。

db.netkeiba.com

 

ではさらっと現2歳馬を見てみたいと思います。

 

Alta Loveの2014(マイネルラスル)

db.netkeiba.com

母父Gone West、さらにLa Troienne牝系でも父と同じBig Hurry→Searchingの分岐なのでWeekend Surprise≒Secrettame3×3、Admiring=Princess Gem5×4、Mr.Prospector3×4という強力な相似配合

SecretariatSir Gaylord+War Amiral+La Troienneでみれば、Weekend Surprise≒Winborne3×3といっても良いかもしれません

Admiring=Princess Gem5×4が効きそうで期待せずにはいられません。中距離馬かな。

 

Alyssumの2014(スピリットオブラヴ)

db.netkeiba.com

母母がAltheaです(Storm Cat×Alydar×Courtly Dee)。

Courtly Dee→Altheaからは、Aurora(種牡馬Arch、ヤマニンパランダイスの母)らが出ています。

自身はA.P.IndyStorm Catだから、Weekend Surprise≒Terlingua3×3のナスキロ+Tom Foolのニアリークロス、Northern Dancer4×4、Raise a Native4×4

でもCourtly DeeにAdmiring系のCongratsだからパワーがすごいのでしょうね。牝系のポテンシャルだけでも走ってきそう。

 

セレブレイションキャットの2014(ファーブルトン

www.jbis.or.jp

Alyssumの2014と同じ母父Storm Catで、母母父Alydarまで同じですが、こちらは6代母がCosmah(Haloの母)

つまり母はFirst Love(Storm Catの3代母)≒Cosmah5×5でTom Fool的血脈を増幅させています。

また、4代母父Gallant ManMah Iran≒Mahmoud2×2なので、Mumtaz Mahal+Tom Foolという見方をすればなかなか。

 

 

う~ん、でもやっぱりダートでPOG期間中に稼ぐならトレーニングセール組ですかね。持ち込みやトレーニングセール以外の外国産馬なら、芝狙いか(^^;)

 

 

----------

 

【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)

望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo

栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html

『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

広告を非表示にする