読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4歳上500万下

“血統表”と“現実”のすり合わせ、“競走馬の個性”の解釈

【外国産馬・持ち込み馬考察】Frankel産駒

Frankelは圧倒的なスピードで14戦無敗、古馬になってからは2000mも難なくこなしました。百年に1度レベルの、まさに「怪物」でした。2000ギニーは恐ろしいですよ、もうw

www.youtube.com

 

Galileo×デインヒルというニックス配合で、パワー満点の馬ですから、日本で走らせるとなるとやはり「柔らかさ」と「俊敏さ」を増幅させる必要がありそうです。

となると、必然的に重賞になるのはGalileoの母父Miswakiでしょう。父Mr.Prospectorに加え、母Hopespringseternalはナスキロ、Tom FoolWar Admiral、La Troiennneという重要な血を全て併せ持っています。

blog.goo.ne.jp

望田先生の分かりやすすぎるエントリー。

やっぱり「組み合わせのクロス」が全て。

 

Galileo直仔は日本で「走った」とまでは言えないのですが、最近では母父Galileoヴァンキッシュランがダービーに出走しましたし、血統表の3代目にSadler's Wellsが置かれる、3代目J Soul Brothersならぬ「3代目Sadler's Wells」は、リオンディーズエピファネイア兄弟、トーセンラースピルバーグ兄弟、ディーマジェスティなど、活躍馬が続出しています。

Frankelの場合も「3代目Sadler's Wells」になりますので、その点からもGalileoよりは走ってくれるのではないかと思います。

 

日本でデビュー予定のFrankel産駒は9頭。

その中で注目馬を挙げていきます。

 

 

Indiaの2014【モズアスコット】

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search)

単純にMiswaki4×3にもなるのですが、BMSヘネシーなのでHopespringseternal≒Terlingua(ナスキロ+Tom Fool)5×4・4ともいえるかと。さらに、3代母父がNijinskyなので、Flaming PageでTom Foolの血(MenowとBull Dog)を増幅できているのも良いですね。

更に牝系はブライアンズタイムなどと同じGolden Trail、叔父には2012年のウッドワードSなどを制し種牡馬のTo Honor and Serveがいます。一流牝系というのも素晴らしい。

 

Rose of Summerの2014【ライズイーグル】

血統情報:5代血統表|ライズイーグル(IRE)|JBISサーチ(JBIS-Search)

マテラ○○でお馴染の大野さんと森厩舎のコンビ。

Sadler's WellsとナスキロとTom Foolという見方をすれば、Galileo≒El Prado2×2といえそうだし、母にはWar AdmiralとLa TroiennneというBusanda的な血はないにしても、Mr.Prospectorはあるので、Galileoの血をなかなか増幅させています。Sadler's Wellsでみれば3×3になっているのが少し怖いですが、なかなか興味深い配合です。

 

Eden's Causewayの2014【クーファディーヴァ】

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search)

お馴染ゼンノサーベイヤーの半妹で、Theatricalタイキブリザード兄弟やパラダイスクリークなどのツリーオブノレッジの牝系、2代母父NorthfieldsはHabitatの半弟です。

BMSはGiant's Caisewayなので、Hopespringseternal≒Terlingua5×4、RahyNasrullah+Tom Foolも増幅できていますね。やはり兄同様軽いスピードが持ち味になりそうです。

 

イルーシヴウェーヴの2014【イルーシヴハピネス】

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search)

母は2009年の仏1000ギニー馬、ノーザンファームの持ち込み馬で、2015,2016年産はもちろんディープインパクトです( ̄▽ ̄)

Miswakiと同じくMr.Prospector+ナスキロ+Tom Fool+War Admiral+La Troiennneを併せ持つElsive Qualityが母父父、つまりMiswaki≒Elsive Quality4×3というなかなかすごいニアリークロスができます。

が、Danzig4×5やRainbow Quest4×3もあり、全体的に相似配合のようです。

母は仏1000ギニー馬、「父母相似配合は競走能力を示した両親の配合が成功しやすい」という望田先生の言葉からもこれは期待してしまいますね。

 

グッドウッドマーチの2014【ファヴォーラ】

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search)

セレクトセール2014当歳で9600万でした。こちらは三嶋牧場さんの持ち込み馬、2015,2016産はもちろんディープ。

Danzig4×3、Blushing Groom5×4など、イルーシヴウェーヴの仔と同じような相似配合で、Miswaki≒Lassie Dear4×3(ナスキロ+Tom Fool)が目立ちますし、母自身がTom Fool4×4でもあります。

 

ミスエーニョの2014【ミスエルテ】

血統情報:5代血統表|ミスエーニョ(USA)|JBISサーチ(JBIS-Search)

ノーザンファームの持ち込み馬。

母はNijinsky5×5でTom Fool増幅、Pulpit×ヘネシーなので自身はHopespringseternal≒Weekend Surprise≒Terlingua5×4・5、また、Miswaki≒Pulpit4×2(Mr.Prospector+ナスキロ+Tom Fool+War Admiral+La Troiennne)でもありますかね。

こちらは他の馬に比べて、Miswakiの血「だけ」を増幅した感があるので確実に走ってはくれそうです。

 

この中でも特にいいなと思うのは、Indiaの2014【モズアスコット】とミスエーニョの2014【ミスエルテ】、Rose of SummerやイルーシヴウェーヴやグッドウッドマーチはMiswaki以外のところも攻めていて、確実性を求めると少し怖いです。

 

今年はPOG本を買わずに、ただリストと血統しか見てないので、育成がどんな感じなのかとかはよう分かりません~

 

イルーシヴウェーヴの血統をみていて改めて思いましたが、Vettori→Rissini(Miswaki×Elsive Qualityの母)でMr.Prospector+ナスキロ+Tom Fool、Rossiniとラストタイクーンで、ナスキロ+BuckpasserTom Fool+War Admiral+La Troiennne)の組み合わせのクロスで、サンデーサイレンスを介さずに日本の中長距離のトップホースが作れるということを教えてくれたサトノクラウンはすごいし、GIを勝たなければならないし、種牡馬にならなければならない<`ヘ´>

 

ジョコンダⅡは、ディープの2014産よりもキンカメの2015年産の方がもちろん楽しみではあります。

 

----------

 

【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)

望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo

栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html

『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

 

広告を非表示にする