4歳上500万下

“血統表”と“現実”のすり合わせ、“競走馬の個性”の解釈

【Road to Classic2018】2017-2018勝ち上がりメモ

記事を更新する形にするのが面倒なので、メモ欄に断続的に書いてますw

 

6/3(土)

阪神5R(芝1600m)・ケイアイノーテック

ケイアイガーベラのダ短パワーを父で中和した形だが、芝のマイルで弾ける体質までにはなっていないか。

6/4(日)

東京5R(芝1600m)・ステルヴィオ

ロードカナロアの初勝利

母母アズサユミを1/4とする3/4Northern Dancer、ロードカナロアSeattle Slewも入るから柔軟性に優れている。Flower Bowl≒Your Host7×6も成立しているというのもポイントか。

阪神5R(芝1400m)・ヴァイサー

ノヴェリストの初勝利

バイスハイトはアドマイヤベガ×ソニンクでNorthern Dancer4×4、Monsunを1/4とする3/4Northern Dancer

 

6/10(土)

阪神5R(芝1400m)・アマルフィコースト

「母Northern Dancer系の本格派」、「Halo≒Sir Ivor3×5」、「母系Donatello」等、先生の提唱する「黄金配合」、サンデーサイレンスを1/4とする3/4Northern Dancerという配合系でもある。母のKris4×3が良い方向に作用したのだろう。

6/11(日)

東京6R(芝1800m)・ジナンボー

体質はソルティビット→アパパネのパワーとAlzao≒ラストタイクーン3×4が絶妙で素晴らしい柔軟性。走法はあれが母のTom FoolクロスをAtticaでニアリーに継続させたTom Fool的なものか...?

 

6/18(日)

阪神5R(芝1600m)・コスモインザハート

母マーゼリンはBarathea×デインヒル×Mill ReefなのでSadler's Wellsとデインヒルを通じるNorthern Dancer3×4、ハーツクライということでは、SpecialとMill Reefによるナスペリオン(NasrullahHyperion)のクロスとなっており、ここがHornbeam(トニービンの母父)と脈絡する好配合。

母父BaratheaはSadler's Wells×Habitatでナスキロ(NasrullahPrincequillo)のクロスでもあるからそういう緩さを打ち消すことができるか。

ただ、BRFの育成だからそうとは言い切れないがジャスタウェイ的な、“ハーツクライ牡馬が2歳のこの時期のマイル戦を勝ち切った”という事実が誕生した。

 

 6/25(日)

東京5R(芝1800m)・スワーヴエドワード

エイシンフラッシュ産駒は、①母が強いクロスを持っていること(Northern Dancerが最も望ましい)、②ムーンレディのRed God≒Stay at Home4×5的な血を(NasrullahなしのTom Fool的な血でも良い)増幅すること、以上の2点がポイントだと考えている。まさにマンハッタンカフェ2世である。

本馬の母スルージエアーはダンスインザダーク×デインヒル×ウインドインハーヘアという良血でNorthern Dancer4×4・5、Red God≒Stay at Home的な血ではHalo≒Sir Ivor3×5だし、Tom Fool的な血では、NijinskyBuckpasserが入るからFlaming Page(Nijinskyの母)≒Tom Fool≒Attica(Sir Ivorの母)4×6・6でもある。

さらにウインドインハーヘアということは母系がHyperionとFair TrialとDonatelloという重厚な欧血の塊で、ここがムーンレディの母母父Sure Bladeと脈絡するというのが妙ではないか。

重厚な大飛び過ぎて3歳春時に完成するとは思えないが良い馬だ。

 

阪神5R(芝1800m)・ダノンプレミアム

全兄ロードプレミアムをPOGで指名していたように、母インディアナギャルはZienelle≒デインヒル3×2(=Danzig4×3)、Habitatが入るのだがこのデインヒルパワーの方に魅力を感じていたわけだ。

そして母母Genial JennyはFlower Bowl≒ケロケット5×5で、このHyperionとSon-in-LawとDonatelloがBurghclere~ウインドインハーヘアに脈絡する。いつ重賞級の馬が出ても驚かない配合。

 

福島の未勝利を勝ったニシノベースマンは母ニシノマナムスメニシノフラワーの仔でAlycidon≒Alibahi6×6、ノヴェリストAureoleでこのニアリークロスを継続。
BMSが非Northern Dancerアグネスタキオンというのが微妙。

 

函館の新馬を楽勝したディロスはラトーナの初仔。そのラトーナはNorthern Dancerクロスを持ち何といってもFlower Bowl≒Diesis5×3がステイゴールドには相性バツグンでトリコロールブルー程度には走る。

今年のクイーンSは“血統をベースにした競馬の本質論”の好例

derby6-1.hatenablog.com

 

最近は競馬に関する情報を一切遮断していて、全て自分の中で完結させてしまっていて、1週間の中で競馬のことを考えるのも1時間あるかないかという程度になっている。

クイーンSを見たのだが、私はアエロリットはNureyevが強調されたナスペリオン(NasrullahとHypeion)的な胴長で重厚な斬れが持ち味だと考えているから、極論をいえばドゥラメンテが札幌1800を走るようなものなので、鞍上にしてみれば内で窮屈になるということだけは何としても避けたかったはずだ(その懸念に追い打ちをかける内枠でもあった)。しかしその懸念を払しょくするレースをいとも簡単にやってみせてしまうのだからすごい。
アエロリットとは対照的に、Fair Trial譲りの小脚で走るトーセンビクトリーは斜行してしまったが内枠を活かし切った。あの4角の、“無駄なエネルギーが掛かっていない感”こそがFair Trialなのだろう。

この2頭はどちらもNureyevが入るのに、対照的な個性が発現した。これこそNureyevの二面性であり、“血統表が現実にどう発現しているか”、“競走馬の個性の解釈”という、望田先生から学んだ“血統をベースにした競馬の本質論”の好例である。

話をアエロリットに戻すと、秋華賞も内回りだから昨年のように緩い流れで器用さが要求されるケースが多いが、一昨年のように激流で決して内回り向きとはいえないミッキークイーンとクィーンズリングの外差し決着ということもなくはない。ただ、やはりナスペリオンなのであれば急坂があるコースで持続力の差別化があってこそだろうから、NHKマイルと同コースのVM安田記念、来年以降は天皇賞(秋)でも3着争いをできるくらいの馬になってもらいたいところだ。

先週の2歳戦

derby6-1.hatenablog.com

 

ご無沙汰です(__)

記事にするまでもない(記事を書く気力がない)と思うので、リンク先の記事のコメント欄で毎週以下のようなことを書いています。紹介まで。

 

福島の未勝利を勝ったニシノベースマンは母ニシノマナムスメニシノフラワーの仔でAlycidon≒Alibahi6×6、ノヴェリストAureoleでこのニアリークロスを継続。
BMSが非Northern Dancerアグネスタキオンというのが微妙。

 

函館の新馬を楽勝したディロスはラトーナの初仔。そのラトーナはNorthern Dancerクロスを持ち何といってもFlower Bowl≒Diesis5×3がステイゴールドには相性バツグンでトリコロールブルー程度には走る。

 

ステイゴールドといえば中京の新馬で3着だった社台RHスヴァルナも好配合。
“母ブルーミングアレー”というより、“母母プリンセスオリビア”と言った方がしっくり来る。彼女のハイハット≒Aureole4×5とハイインロー(HyperionとSon-in-Law)の豊富さがステイゴールドにマイナスに働くわけがなかろう。
懸念を指摘するとすれば、BMSシンボリクリスエスで母ブルーミングアレー自身がNorthern Dancerクロスを持っていないということだ。

 

2歳馬ではないが中京の500万を楽勝したキセキは、母ブリッツフィナーレがグレーターロンドンの全きょうだい。彼が古馬になりAlzaoの母母でありTom Rolfeの母であるPocahontasのクロスやEight Thirtyのパワーが発現したように、潜在能力がどこまであるのか興味深い。