読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4歳上500万下

“血統表”と“現実”のすり合わせ、“競走馬の個性”の解釈

札幌2歳ステークスなどなど・・・

注目の札幌2歳Sは昨年、今年とレベルはそれ以前に比べると落ちている印象。と、書いたけれど昨年は1着ブライトエンブレム、3着レッツゴードンキだったのか。

◎はペイシャフェリシタ。ペイシャフェリスの妹で、母のプレザントケイプは3歳の早い時期からOPで活躍できる産駒を輩出する繁殖牝馬でこれは母父Cape Crossのおかげだろうか。母系にSharpen Up、Sadler's Wellsとあるのも底力補給の面で良い。本馬も母産駒の例外ではなく、ハーツクライにしてはパワーで走るライプで、こういう母系のハーツクライワンアンドオンリーヌーヴォレコルトなどがいて早期から活躍できる。スタートを決めて先行した前走のパフォーマンスからは上位人気馬と差は感じないしここでも。パワーにHalo≒Sir Ivor≒Red God3×5・6の機動力もあるから洋芝もプラスだろう。

〇はクロコスミア。母系にNashwanが入り、ステゴに頑強さがほしいステゴにHalo≒Red Godはプラスとは言えないがそれでもNashwanの母Height of Fashion的なスタミナ色の強い血は魅力的だしSadler's Wellsが入るのも良さげ。前走コスミス賞では脚を余したが今回も再度内枠でロスのない競馬が可能で差はないはず。

▲アドマイヤエイカンはハーツ×フレンチで一見外回り向きのように映るが母母がRaise a Nativeクロスで有名なラスティックベルでスピードとパワーは納得。上位人気馬では1番信頼が置ける。

アラバスター新馬戦を見る限りハービンジャーというよりレーヴディソールで外回りベストだろうが、この血は無視できない。

△スパーキングジョイは走り方が昨年のミュゼエイリアンに似ていて母父もエルコンでいかにも4着臭いが内回りでこの血統は外せない。

△リアルキングは血統以上にパワーが前面に出ているかな、といった印象だがなかなかのものは持っていると思う。

アフターダークワークフォースが2歳重賞でどうかだが、ワークフォースらしいワークフォースで洋芝小回りはやはり合うはず。これまでワークフォースらしくないワークフォースはグローリーミストしか見ていないが、これは母母がSS×Secretariatのロージーミストだから納得(^^♪

プロフェットは条件はベストだろうし、ハービンジャーにフェアリードール牝系にタニノギムレットを挟むという重厚な血統で、ハービンジャーから大物を出すならこういう血統だろうと思うがいくら洋芝小回りとはいえハービンジャーを2歳重賞で買う気にはなれない(レーヴディソールは特別)。

 

札幌8Rでは愛しのコンデュイット産駒〇ウインアキレアが外枠→出遅れからの3度目の正直で応援。ただスローのフローラでも好走しているようにBold Reason≒Never Bend5×4で、コスモヴァレンチの仔でマイネラウラヴでSeeking the GoldでBackpasserだから案外スローでも対応可能だからローズSでもやれちゃんじゃないかという淡い期待もしております。でもここは◎エバーキュートで。チチカスだけに馬群に入りそうな真ん中の枠は微妙ですが、母がタキオン×スキーパラダイスで3番手以内で先行した時は字面通りかなりしぶといレースをしていて洋芝小回りも合うので積極的なレースをすればあるんじゃないか。

 

札幌スポニチ賞は力を付けて前走外から差し切った◎サンシカゴ。洋芝も合うので今の勢いなら…と思いましたが10倍くらいならケンかなぁ。

 

日高特別はエリシオ×Danzigの▲ヤマニンボワラクテが待望の洋芝小回り、しかも去勢明け!でも鞍上が藤田騎手でう~んという感じ。〇ネオリアリズムは当然強いですが◎ハナズリベンジで。兄マッシヴヒーローは好きな馬で母トロピカルフラワーはPrincely Gift4×4で母としてはHyperionを濃く伝えているのかな、というイメージ。札幌記念も内容は悪くないので自己条件ならこの相手でもやれるはず。

 

弥彦特別は最終週の馬場ですがこのメンバーであまりにスローだと母がティンバーカントリー×トニービン×Forliの◎エミネスクの加速力が通用するかもしれない。〇シュンドルボンもForliですが東スポ杯のエミネスクが忘れられません。先行して善臣がなだめる▲サトノレオパードも流れは向きそう。

 

長岡Sダンシングブレーヴ3×3のアイラインなどがいて注目&難解な1戦で、馬場も外差しになっちゃうかもですがダイワメジャー×トニービンの◎メドウヒルズは準OPが壁になる馬とは思えず、字面通り長すぎる直線で粘りに粘ってほしい。くらいしか面白い発想がない。

 

新潟12Rの◎サウスリュウセイの条件替わりは注目していて、母がMr.Prospector4×4、母母がMiswaki×〇×Sir Gaylordなので中山1200よりかは直線の長い新潟の方が合っているのではないかと思います。

 

小倉はメインなどは面白味は無く、玄海特別は母がタキオン×スマラで気性の幼さを見せながらも2歳時から高いパフォーマンスを見せていた◎マサハヤドリーム。和田騎手とも手が合いそうです。△カレンバットボーイみたいなサンタフェソレイユ×フレンチ×ディープだとパワー小回りなのかしなやか斬れなのか分からない配合で、微妙な馬に出てるって感じですが戦績を見る限りやはり牝系が濃く出ているんですかね。▲ジュヒョウや△コウエイワンマンは当然小回り向き、アドマイヤカーリンはこれをザ・Sir Gaylordクロスっていうんですかねという馬。

 

小倉最終は◎カシノランドからBT〇サクラテイオー、SS×BT×Alyderのサンライズペガサスサンライズレーヴの2頭の内枠へ流す感じで締めます。

 

twitter.com

広告を非表示にする