4歳上500万下

「血統表」と「現実」のすり合わせ、競走馬の「個性」の「解釈」

名古屋大賞典◆JRAからは?

17日(水)に名古屋競馬場で行われる第33回名古屋大賞典(4歳上、交流GIII・ダート1900m、1着賞金2500万円)の出走予定馬が発表された。

 JRAからは昨年のJBCスプリント(交流GI)2着のアドマイヤスバルJBCクラシック(交流GI)2着のマコトスパルビエロなどが出走を予定している。2月28日現在の出走予定馬は以下の通り。

( )内は性齢、所属・騎乗予定騎手
【JRA所属馬】出走枠は4頭
アドマイヤスバル(牡7、栗東勝浦正樹)
トーセンブライト(牡9、美浦・未定)
マコトスパルビエロ(牡6、栗東・未定)
ラヴェリータ(牝4、栗東岩田康誠)

ラヴェリータは間隔が狭いですよね。

期待しているのはアドマイヤスバル

JCDでも確か対抗にしていた気がします。

ドーセンブライトも地力は衰えていないと思います。

でわ