4歳上500万下

「血統表」と「現実」のすり合わせ、競走馬の「個性」の「解釈」

ブロッケンも◆ドバイ回避(';')

イメージ 1

フェブラリーSを制したエスポワールシチー(牡5歳、栗東・安達厩舎)が、本紙既報通り、選出されているドバイ・ワールドC(3月27日、メイダン競馬場オールウェザー(AW)2000メートル)を回避することが25日、正式に発表された。

 G1・4連勝を飾った砂の最強馬の動向が注目されていたが、オーナーサイドの判断で回避が決定した。「ドバイ遠征は行わないことになりました。いろいろなことを総合的に考えてのもの。コース適性、初めてのオールウェザーへの不安なども原因のひとつにあります」と安達調教師。今後のローテーションは未定となっている。

 また、ゴドルフィンマイル・G2(3月27日、メイダン競馬場、AW1600メートル)の招待を受けているサクセスブロッケン(牡5歳、栗東・藤原英厩舎)も回避が決定した。「オーナーと相談した結果、ドバイには行きません。今後のことは未定。日本のレースに専念する予定です」と藤原英調教師。

残念ですね。

日本ダート界のトップ2の回避・・・

となればウオッカに勝ってもらうしかありません。

オールウェザーだから大丈夫!だと思うww

名牝ウオッカ頑張れ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!