4歳上500万下

「血統表」と「現実」のすり合わせ、競走馬の「個性」の「解釈」

ウオッカ「マクトゥーム」は◆鞍上ルメール

イメージ 1

UAE・ドバイに遠征し、3月4日のマクトゥームチャレンジ・ラウンド3(メイダン、GII、AW2000メートル)に出走を予定しているウオッカ(栗・角居、牝6)は、7冠を決めた昨秋のジャパンCに引き続きクリストフ・ルメール騎手が騎乗することになった。角居調教師が27日、「エントリーするまでは分かりませんが、乗ってもらう予定です」と話した。最大目標でラストランとなるドバイワールドC(3月27日、メイダン、GI、AW2000メートル)の鞍上は現時点では未定。

ルメールのまま行くみたいですね。

できればワールドカップルメールのまま行ってほしいです。

名牝のラストをみんなで応援しましょう!