4歳上500万下

「血統表」と「現実」のすり合わせ、競走馬の「個性」の「解釈」

エスポ君 充実一歩!

イメージ 1

                      フェブラリーはエスポクンの独断場かなぁ?

フェブラリーS1週前追い切り(10日) 昨年の最優秀ダートホース、エスポワールシチーが10日、フェブラリーS(21日、東京)へ向けて栗東の坂路で1週前追い切りを行った。前半は馬任せで進み、ラスト2ハロン地点で仕掛けられると豪快にギアチェンジ。最後はビシッと追われ、モヤを切り裂くように伸びた。「いいね。52秒から52秒5くらいで、ラストはスピードを落とさず12秒0でと思っていたが、いい調教ができた」と佐藤哲。52秒2、ラスト2ハロンが12秒0―12秒0の時計は、ドンピシャリだ。「先々週くらいまでは、まだ回転が軽いと感じたが、思惑通りどっしり感が出てきた」。昨秋のジャパンCダートを圧勝。今回も、万全の状態で大一番を迎えようとしている。「雰囲気は変わらない。去年の一年で、本当に強くなってくれた。左回りの方がスムーズだしね。あと10日、このまま順調にいってくれれば」と安達調教師。“砂王”の充実ぶりに、確かな手応えを感じている。

あぁ~強そう・・・

この馬の独断場でしょうか?

でも、昨年も東京を逃げ切れず負けました。

良い内容でしたけど。

どうかね^^

テスト勉強してきますわww