4歳上500万下

「血統表」と「現実」のすり合わせ、競走馬の「個性」の「解釈」

ウオッカ◆良い感じ~

イメージ 1

                      ↑早めの入厩で調子が上がってきたウオッカ

 ドバイ遠征を予定しているウオッカ(牝6歳、栗東・角居厩舎)が27日、帰厩して初めての時計をマークした。
坂路で52秒2―12秒8。楽々と好タイムを叩き出し、清山助手は「状態を見て、始めてもいいと判断した。速いと思われるかもしれないが、ウオッカにとって、いいリズムで運んだもの。牧場でしっかりとケアしてもらって、いい状態」と話した。
2月3日から検疫に入り、10日に出国する予定。マクトゥーム・チャレンジ・ラウンド3(3月4日、メイダン競馬場オールウェザー2000メートル)をステップに、引退レースのドバイ・ワールドC(同27日、同)へ向かう。

これまであんまり支持してこなかったウオッカ

でも今回は僕も応援します。

競馬ファンの期待を一身に背負ってウオッカ

引退の花道を作ってほしいものです!!!

でも・・・

ウオッカが日本のターフを走ることはもうないんですね。

寂しい・・・

名牝ウオッカ!頑張れ!!!!