4歳上500万下

「血統表」と「現実」のすり合わせ、競走馬の「個性」の「解釈」

【予想】ヴィクトリアマイルと穴の

 
これから府中に向かいます。
サラッと印と見解を。
 
 
 
▲ ⑥ ラキシス
 
 
 
VMは別格の馬がいない限りは内か前にいる馬でないと厳しい。
外枠の差し馬たちはかなり運よく内にすっぽり入らない限りはかなり厳しいと思います。
 
 
田所師が「先週のミッキーのように前半ゆったり入ってほしい」というコメントを出していましたが、おそらく吉田豊騎手もいるのでやはり平均よりやや早でクロフネが逃げるでしょう。
少しダート質が求められるレース、どうしようと1週間迷いましたが逆転の発想でクロフネサプライズに期待します。
 
 
スマートレイアーはもしかすると先述の別格の可能性がある。
瞬発力勝負が苦手なディープだと感じるので今回の流れは向くはず。
 
 
ラキシスは距離があった方が良いとされているが、京都での条件戦の走りを見ると意外と東京マイルも対応可能。そして中日新聞杯のレベルは高い問題は飛びが大きいので内枠が逆に怖い。川田騎手は来週ハープを控えているので強引な競馬はしない可能性がある。
 
 
あとは前に行く馬と、内差し出来そうな馬とホエール。
ヴィルシーナは今回大敗のようだとそろそろ厳しい。
ここしかない。
 
マンボは調教師がG1の仕上げ方を分かっていなさそう。
まだ完調ではないし、前の馬が簡単に止まらない中での追い込みは...
デニムも状態一息で、器用さが足りないのでこの枠は怖い。早めの流れもプラスとは言えず
ストレイトコイウタ、エイジアンとは異なり生粋のスプリンター。
スローになって岩田が相当巧く死んだふりをして3が精一杯。と見ました。
 
 
 
自信はありません。