4歳上500万下

「血統表」と「現実」のすり合わせ、競走馬の「個性」の「解釈」

【予想】京王杯スプリングカップ

こんばんは。
ブログ復帰は2週間振りです。
何とかパソコンは使える状態になりました。
色々あったのでダービー遠征もどうしようか考え中です・・・
 
 
 
 
 
 
東京11R 第57回京王杯スプリングカップ (GⅡ)
 
 
1400メートルという距離はペースが緩みにくく特殊な距離。
そのためスプリンターがスピードで押し切ることもあり、
マイル以上で活躍してきた馬が勝つこともあり、スペシャリストが多い距離でもある。
 
 
 
◎ ④ レオプライム
△ ② サンカルロ
 
 
サクラバクシンオーは2つのタイプに分かれている気がする。
平坦短距離を得意とする馬と千四~中距離を得意とする馬。
後者はグランプリボスが典型的。マイルから千四の短縮パターンでも好走経験がある。
当然本命にすればいいのだが千四のスペシャリストの方を上に取りレオプライムに期待。
休養明け2戦の内容がどちらも優秀で「良馬場ならさらに切れる」と前走騎乗した岩田騎手。
 
 
ストリングリターンは8分以上仕上がっておりここではボス同様抜けた存在。
サクラゴスペルは本命を最後まで迷ったが枠を少し嫌って▲
 
 
 
 
 
 
 
明日は学校行って勉強してきます♪