4歳上500万下

「血統表」と「現実」のすり合わせ、競走馬の「個性」の「解釈」

明日は大腸内視鏡検査・・・

こんばんは~♪
 
 
1年前は卒業式。泣いたな~楽しかったな~思い出します。
いよいよ中学生は高校入試。新潟県は水曜日が入試日です。
と言うことで僕の学校では明日は午前授業で水曜日から日曜日まで5連休!
そんなこと言ってもみんな部活やら勉強やらで忙しいんですけどね。。。
 
 
 
 
1年半前から続いていた下血、調べてみるとどうも潰瘍性大腸炎の可能性が高そうです。
明日、大腸内視鏡検査を受けてきます。
朝起きたら、食事をせずに不味い下剤を2時間かけて2リットル飲みます。
病院に行って点滴を打って腸の動きを止めます。そして鎮痛剤を打ちます。
そして検査に入るわけですね・・・
 
 
 
 
考えるだけで嫌になりますが、病気をハッキリさせるためです。
ここは覚悟を決めてやらないと行けませんね。
今年は絶対にダービー見に行きたいし、徹夜組のお誘いも頂きました^^
 
 
 
 
 
 
最後に好きな馬の写真で元気出します。
イメージ 1
 
この馬の写真、レースを見るとやっぱり僕はこの馬が本当に大好きだったと感じます。
亡くなったと知った日、パソコンのニュースの記事の前で涙をボロボロ流したのを覚えています。
本当に食べ物を口に入れても喉を通らない。この事実を受け止めるのは大変でした。
 
 
確かドリアンは腸捻転だった気がします。
同じ腸の病気ですね。安楽死になるほど辛かった君に比べれば僕の検査なんて何てことないね。
きさらぎ賞京都新聞杯の剛脚、菊花賞での先行力。どれも忘れません。1番思い出深い馬です。
 
 
 
 
 
 
それでは明日頑張ってきます・・・