4歳上500万下

「血統表」と「現実」のすり合わせ、競走馬の「個性」の「解釈」

【予想】ダイヤモンドステークス

こんばんは♪
 
 
 
ちょっと汚い話になりますが、以前からずっと下血が続いていました。
流石にまずいかもと思い病院に行ったら、痔の可能性があると言うことでちょっと痛いチェックを・・・
でも、痔は見つからなかったので台帳から出血しているらしい・・・
この歳なら潰瘍性大腸炎クローン病の可能性が高いということです。
 
 
 
後で自分で調べてみると潰瘍性大腸炎に症状が似ているんですよね~
原因不明で完治不可能な病気、国の特定難病的なものにも指定されているらしく、
後日、大腸内視鏡検査を受けることになってしまいました~・・・
 
 
 
 
 
 
土曜の注目馬
 
 
 
東京5R 3歳未勝利
 
■ ロンギングダンサー
 
 
 
 
新馬戦でその場たいに惚れたフリートストリートがここでも強さを見せるか。
ここを勝てば未来が大きく開ける。
 
■ マシュマロ
■ フリートストリート
■ ゲンテン
 
 
 
 
 
 
 
東京12R 4歳以上1000万下
 
未勝利戦の勝ちっぷりからダービー馬になるのではとも思ったほどの素質馬アドマイヤバーラム
簡単にオープンまで上り詰めれる器だ。
 
■ セイウンジャガーズ
■ アドマイヤバーラム
 
 
 
 
京都10R 琵琶湖特別
 
古馬になってから大成するエアグルーヴの産駒たち。
長めの距離でどんな走りをするのかとにかく注目だ。
 
 
 
 
京都12R 4歳以上1000万下
 
■ カーマイン
 
 
 
 
 
 
東京11R 第62回ダイヤモンドステークス (GⅢ)
 
 
 
 
やっぱり力が違った・・・とレース後言いたい。
ジャパンカップ2着の時、次の年の牡馬戦線はオウケンの独裁だと思っていた。
しかし、体質の弱さからレースを使えず使えてもその末脚は影をひそめていた。
ところが昨年の京都大賞典でから復調気配が伺え、アル共杯ではあの末脚を繰り出せた。
勝った馬が斤量差ありでトレイルブレイザーなら納得。
ジャパンカップはあのドスローを差し切れと言うのはちょっと酷。
そして今回、GⅢレベルならまとめて差し切れるのではないか?
京都大賞展くらいの状態であればいい。音無師も順調にこなせていると言っているので復活に期待。
 
 
 
 
2走前は道悪、前走は相手関係とハイペースと敗因がはっきりしている。
だが、重賞で勝ちきるとなるとワンパンチ足りない印象で・・・
 
 
 
▲ ⑮ トパンガ
 
あの長く繰り出せる末脚は長距離レースで魅力を感じる。
 
 
 
△ ⑧ ピエナファンタスト
 
 
 
ちょっと当てに行かないとまずいので今回は1頭軸で頼みます・・・
三連複 2 - 6.7.8.10.15.16
 
 
 
 
 
 
 
テスト期間に入ったので明日はじっくり競馬が見れます^^
アドバイヤバーラムとフリートストリートを応援します。