4歳上500万下

「血統表」と「現実」のすり合わせ、競走馬の「個性」の「解釈」

【回顧】スプリンターズSと凱旋門賞について・・・

ヾ(*′○`)゚.+:。゚☆こんばんわぁ~☆
 
 
 
秋のGⅠ一発目スプリンターズSが終わりました。みなさんいかがでしたでしょうか。波乱のレースを的中させた人は少ないでしょうね。ビービーガルダンの放馬などハプニングもありましたが、振り返っていきたいと思います。
 
 
 
 
 
勝利したのはカレンチャン。これで5連勝になりました。勝因として、まず完璧な仕上げという点があげられると思います。陣営のコメントにもありましたが、まさに今がピークの仕上げでした。そしてロケットマンと違い上手く前が開いたのも良かったと思います。もう少し内枠だったら抜け出せていなかったかもしれません。この馬の勢い、そして騎手も勢いのある池添騎手。まさに圧巻の5連勝でのGⅠ勝利でした。
 
 
 
 
 
2着に人気薄のパドトロワ。こちらも勝ち馬と同じく追い切りが非常に良かったです。先行馬有利というこのレースの特徴はことしも崩れませんでした。陣営は本格化はまだ先とコメントをしています。来年の今ころはもの凄い馬になっているかもしれません。今後非常に注目の馬だと思います。
 
 
 
 
 
本命のエーシンヴァーゴウは3着に健闘。予想記事でも書いたように、①文句なしの状態②有利な外枠③コース複勝率が50%近いファルブラヴ産駒、そして前走の内容が非常に強かったと買える条件は揃っていました。レースでは徐々に進出して行き4角ではもう勝ったと思いました。適正は赤山より中京の方が良さそうに感じているので来年の高松宮記念は絶好のチャンスだと思います。
 
 
 
 
 
人気のロケットマンは4着まで。コメント等を見てみないと敗因はわかりません。ペースについていけなかったのか、急坂が苦しかったのか、馬場が合わなかったのか、カレンチャンに被されてどうかなったのか・・・ですがこれがこの馬の本当の走りではないですね。来年出てきたときは・・・また難しいです。
 
 
 
 
 
後方待機馬についてですが、△グリーンバーディー、△サンカルロあたりはきてはいるんですよね。ただ後方一気で勝つにはデュランダル級の破壊力のある末脚を持っていないとこのコースでは厳しいと思います。
 
 
 
 
 
そして気になったのがダッシャーゴーゴー。いつもよりも後方待機の競馬でした。直線では全く前が開きませんでした自分の力を全く出し切らずにレースを終えました。僕はこの馬が中山が1番苦手な競馬場だと思っています。ですからこれで人気が少しでも落ちるようなら次走はかなり狙えると思います。非常にもったいないレースでした。
 
 
 
 
 
本命のエーシンヴァーゴウが7番人気3着と好走してくれて良かったです
今回の予想には満足しています。来週は南部杯東京競馬場で行われます。フェブラリーSと同じ舞台なので予想は組み立てやすいと思います。1番人気はおそらくあの馬でしょう。休み明けですから状態を見て見極めたいですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
本日23時15分 フランス ロンシャン競馬場 凱旋門賞発走
 
 
 
今年もこの時が迫ってきました。
世界最高峰のレースを日本馬が制する。
この瞬間を日本の競馬ファンは誰もが待ち望んでいます。
 
 
 
どちらもレースを勝てる力は持っていると思います。
あとは、信じるだけです。頑張れ!日本馬!!
 
 
 
 
普段見れないグリーンチャンネルも無料で今放送しています。
BS11でも中継されます。フジテレビTWOでも中継されます。
みなさん一緒に応援しましょう!