4歳上500万下

「血統表」と「現実」のすり合わせ、競走馬の「個性」の「解釈」

土曜日の注目レース

ヾ(*′○`)゚.+:。゚☆こんばんわぁ~☆
 
 
 
今週は3日間学校に行ってまた3連休。
なんだか余裕があっていいですね。
新潟は雨が凄いです。雷も鳴っていて酷いですね・・・
 
 
 
明日は午前練習で午後は競馬です。
予想は、新聞購入の予定があるときは新聞の厩舎コメントを見てするので今日はなし。
秋競馬で、注目馬や注目レースもあるのでそちらを書きたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中山11R  九十九里特別 芝2500M
 
 
勝馬にはステイヤーとして活躍したデルタブルースの名が。
今年も菊花賞を目指す3歳馬が3頭出走してきました。
 
 
■ アッパーイース
■ ヴァーゲンザイル
■ ルイーザシアター
 
 
ここは春から期待していたヴァーゲンザイルに菊花賞への駒を進めてもらいたいところ。
先週のセントライト記念に出走していても重い印を打ったであろう馬。
打倒オルフェーヴルに向け、ここでも熱い闘いがある。
 
 
 
 
 
 
 
阪神10R  夕月特別 芝1800M
 
 
昨年~今春まで重賞戦線を沸かせた牝馬たちが登場しました。
 
 
■ アグネスワルツ
■ スマートシルエット
 
 
アグネスワルツは一昨年の秋の時点でGⅠ候補と言われた。
ラナンキュラス桜花賞母子制覇を期待されていた。
グルヴェイグはその素質からオークスで3番人気に支持された。
スマートシルエットは牝馬重賞で好走を続け、混合準オープンでも差の無い競馬をした。
 
 
重賞級と言ってもいいメンバーです。
個人的にはグルヴェイグ秋華賞に出て欲しいので応援したいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
秋になると有力馬が挙って走りだします。
重賞以外にも、来年の今ころはGⅠを走っているような馬たちが走ります。
 
 
と、考えるとバレーも来年は自分がチームを引っ張っていかないといけないんですね。
そう考えると、明日の練習も適当に受けてられないな~
 
 
明日もサラブレッドに癒されましょう