4歳上500万下

「血統表」と「現実」のすり合わせ、競走馬の「個性」の「解釈」

【東京優駿】僕の夢

こんばん(b'v`★)b わっ♪
 
 
やっぱりダービーウィークです。
勉強時間を削ってもブログを更新したくなりました。
 
 
 
 
以前から言っていますが僕はクラシックに熱い思いを寄せています。
その中でも最も大きいレース日本ダービーがいよいよ今秋行われます。
 
 
この舞台を目指してたくさんの馬がデビューしてきた。
特に芝中距離の新馬戦はしっかりとチェックしてきた。
 
 
 
 
 
衝撃を受けた新馬戦は4つあった。
 
ひとつはアドマイヤセプター新馬戦。
牝馬クラシックはこの馬で決まりだと思った。
 
 
 
 
 
 
そして残る3レースは牡馬が勝利したレース。
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダービーを勝てると思った。しかし彼はこの舞台には立てない。
若武者浜中騎手と共に成長しこれからもっと凄い馬になってくれると信じている。
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
サトノオー新馬戦。
これには本当に鳥肌が立った。しかし血統からダービーは期待していなかった。
マイティ同様にもの凄い馬になってくれると信じている。
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
昨年から友達にもこの馬がダービーを制する。と言ってきた。
しかし僕は青葉賞でこの馬を信じてあげられなかった。
 
しかし安藤騎手が新たな面を引き出してくれて最高の形でこの舞台へ出走出来る。
 
普通なら僕はこの馬を本命にする。
 
しかしもう1頭譲れない馬がいる。
 
 
 
 
 
 
 
デビュー戦でその素質、走りに惚れ応援してきたこの3頭。
 
その中で1頭しかも青葉賞勝ちという形で出走出来る。
どうしても本命を打ちたい。
 
 
しかし先程から言っている通り、
新馬戦ではないがあるレースで衝撃を受け、
皐月賞を見てダービで突き抜けれると感じた馬に本命は決めています。
 
 
 
土曜の記事にそのことは書きます。
 
 
 
 
 
 
やっぱりダービーです。
ドキドキしています。
 
 
 
 
みなさんの夢も決まりましたか?