4歳上500万下

「血統表」と「現実」のすり合わせ、競走馬の「個性」の「解釈」

今週の結果~♪

こんばん(b'v`★)b わっ♪
 
 
受験などで文章を書く場合は敬体文ではなく常体文で書くという事で、
慣れるという意味でもブログ内の文章を常体文で書いていきたいと思います。
 
 
 
 
今週の重賞結果~
 
 
イメージ 1
 
 
土曜日は本命のサンライズマックスが追い込んでくるも5着止まり・・・
小倉ではよくあるパターンで仕方ないと思う。
 
 
 
 
 
東京新聞杯スマイルジャックが期待に応えてくれた。
激流のマイルCSで先行しての6着の実力はやはり本物だった。
 
東京マイルの上級条件でのタニノギムレット産駒狙いもハマった。
 
 
 
 
 
 
 
注目のきさらぎ賞・・・。
クラシック最有力とみているウインバリアシオンは4着。
 
 
気になったのは前日のコメント・・・
→「前走の休養明け時は馬体の線が崩れて、帰厩してきていた。今回も筋肉が落ちて腹目も上がって、背中から腰、トモにかけても寂しく映る。その影響か、上体が上がるような走りで、フォームが以前とは変わってしまった印象。迫力が全然感じられないし、ひと叩きされたが思ったほど良化していない感じ。今回は相手関係も楽だけに力で何とかなるかもしれないが、前走にしても勝ちパターンで勝てなかったのは状態面が本当ではなかったからかも。楽観はできない」
 
 
 
上手くいっていないようだ。
次は弥生賞あたりになるだろうが、とにかく状態面だけでは心配がないように仕上げてほしい。
 
 
「野路菊Sは相手が弱かっただけ」
 
「この馬は大して強くない」
 
 
などと言われないようなレースをしてほしい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
~馬券成績~
 
 
購入:6,300円
払戻:2,150円
収支:-4,150円
回収:34%
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
来週もクラシックへ向け重要なレースが多く行われる。
 
 
 
良血馬トーセンレーヴのデビュー
 
共同通信杯【サトノオー】の走り
 
一体この2頭がどれほどの走りを見せてくれるのか。
来週は衝撃を受けるレース期待する。