4歳上500万下

「血統表」と「現実」のすり合わせ、競走馬の「個性」の「解釈」

帝王賞予想★

こんばんわ★
 
明日は、ダートG1の帝王賞が行われます。
多少高齢馬が多いように思えますが、いいメンバーだと思います。
 
 
         第33回帝王賞 G1

枠番馬番     馬名性齢 騎手斤量
11サクセスブロッケン牡5内田57
22 スペラーレ牡6田中57
 3ヴァーミリアン牡8福永57
34フリオーソ牡6戸崎圭57
 5 ボンネビルレコード牡8的場文57
46 サンライズバッカス牡8真島57
 7 セレン牡5石崎隆57
58 トーセンアーチャー牡6坂井57
 9 トウホクビジン牝4本橋55
610スマートファルコン牡5岩田57
 11 サイレントスタメン牡4金子57
712 グランシュヴァリエ牡5御神訓57
 13マコトスパルビエロ牡6安藤勝57
814カネヒキリ牡8横山典57
 15アドマイヤスバル牡7勝浦57

 
 
 
本命はフリオーソです。
まず、このレース勝利経験があるので適性は問題なし。
地方馬も中央馬も勝利しているレースなので好きな馬を買う事にしました。
前走はエスポワールシチーと僅差の2着この2頭が抜け出した感じになっていた。
間隔も十分で調子もいいはず。夢を託した。
 
 
対抗はG112勝目を狙うヴァーミリアン
スタミナレースになればこの馬が強いと思います。
でも間違いなく衰えてきていると思うんです。
いつかガクっと調子が下がったりするときがあると思うので対抗に。
 
 
本当はこの馬にもっと頑張ってもらいたいんです。
ただ、前走あそこまで着差をつけられたのが引っ掛かりました。能力は高いです。
 
 
最後に、復帰戦のカネヒキリについて。
この馬は何かを持っているんだと感じています。
いきなりの勝利もないわけではありませんが、8歳という年齢もあり厳しいと思います。
連下まで。
 
 
三連複③④-①⑩⑬⑭⑮
馬単④-①③⑭
 
 
僕は交流G1も好きです。
これからジャパンDDなどもやってきます。
夏の競馬もますます面白くなってきます。
 
また、感動的なレースが見たいものです。
 
 
話は変わりますが、これからパラグアイ戦が始まります。
日本を信じて応援しましょう。
 
 
 
https://horserace.blogmura.com/ranking.html←ランキング参加中。クリックお願いします。