4歳上500万下

「血統表」と「現実」のすり合わせ、競走馬の「個性」の「解釈」

天皇賞(春)の狙い目

こんばんわ。
いよいよ大一番が近づいてきましたね。迎えて141回目の天皇賞です。
今年はGⅠ馬1頭ののみ。連覇を狙うマイネルキッツだけです。
時間もないので予想に行きましょう。
 
第141回天皇賞(春) GⅠ
 
本命は9歳馬のエアシェイディにしました。
まくる技術がある事を前走で証明した。同じ戸崎騎手で素晴らしい騎乗が期待できる。
中間の動きも良いので年齢的な面は心配ありません。
 
対抗は昨年の夏にフォゲッタブルを倒したナムラクレセント
昨年の夏、フォゲッタブルに先着している。
まだ本格化する前だったので何も言えませんが、あの時の勝ち方は強烈なもの。
直線の坂がない方がいいみたいなので菊花賞の舞台でもある京都はぴたり。
 
3番手に評価を落としたジャミール。
本命候補でしたが、馬番⑬は連に絡んだ事が過去10年でない。
というデータがあったので少し下げました。アンカツさんなので怖い1頭であることは確か。
キングマンボ的な騎乗をされたら恐ろしい。
 
フォゲッタブルはデータ的に合わないので消し。
マイネルキッツ蓄膿が心配なので消し。
 
荒れるGⅠなのでこのくらいバッサリいっていいと思いました。

 
馬連
⑮-⑦⑧⑬各100円
合計300円
 
 
今回はGⅠなので親に頼んで購入させてもらいます。
前回の皐月賞ほど自信はありません。是非感動的なレースを期待しましょう。
 
 
天皇賞(春)の予想登録お急ぎ気ください↓
 
ブログランキング参加中です。 クリックお願いします。
 
 
そのほかの明日の狙い目はお昼ころの更新の予定です。
それでは楽しみましょう。