4歳上500万下

「血統表」と「現実」のすり合わせ、競走馬の「個性」の「解釈」

◆オースミグラスワンが引退◆

イメージ 1

JRAは10日、オースミグラスワン(牡8=荒川厩舎)が本日付で競走馬登録を抹消、現役を引退することを発表した。今後はJRA新潟競馬場で乗馬となる予定。

 同馬は父グラスワンダー、母ホッコーオウカ、2つ年上の半姉に重賞4勝を挙げたオースミハルカがいる血統で、2004年10月に栗東安藤正敏厩舎からデビュー。11戦目の06年5月にGIII新潟大賞典で重賞初制覇を達成すると、安藤元調教師が07年に勇退後、栗東荒川義之厩舎に転厩。08年5月には2年ぶりのGIII新潟大賞典Vで重賞2勝目を挙げ、また荒川調教師に重賞初勝利をプレゼントするなど、切れ味抜群の末脚を武器に、重賞戦線で息の長い活躍を見せた。

僕がまだ競馬に興味のないときでしたので、名前だけしか知りません。

重賞も勝っているんですね。引退ってなんでこんなに悲しいんだろう?

でも!新潟競馬場で乗馬ですからww

僕の友達で騎手になるために乗馬結構行ってる人いるんですよ^^

おすすめ~