4歳上500万下

「血統表」と「現実」のすり合わせ、競走馬の「個性」の「解釈」

フサイチセブン◆重賞初制覇

イメージ 1

10日、船橋競馬場で行われた第55回ダイオライト記念(4歳上、交流GII・ダート2400m、1着賞金4000万円)は、内田博幸騎手騎乗の2番人気フサイチセブンが道中は終始2番手をキープし、2周目の4角で先頭に並ぶと直線で後続との差を広げ、6番人気マイネルアワグラスに2.1/2馬身差をつけて快勝した。勝ちタイムは2分31秒3(不良)。さらに3/4馬身差の3着には3番人気マコトスパルビエロが入り、3連覇が懸かっていた1番人気フリオーソは5着に敗れた。

 勝ったフサイチセブンは2走前の雅S(準OP)で4連勝を達成しオープン入り。前走のアルデバランS(OP)は2着に敗れており、今回が初の重賞挑戦だった。

こんくらいやって当然でしょう。

②馬身差ですから圧勝ですね。

マコトスパルビエロにも勝っているんですから^^

JCD出てほしいですね★