4歳上500万下

「血統表」と「現実」のすり合わせ、競走馬の「個性」の「解釈」

2010-02-18から1日間の記事一覧

ウチパクJK◆インタビュー

--回復具合は 「あと1、2週間で100%の力で乗れるという感触はあるが、今でも乗れる状態にある」 --痛みは 「体を動かすとまだ…。馬のペースに合わせるので、どうしてもかばってしまう面もある」 --先週復帰予定でしたが 「調教中にケガの箇所(…

リーチ◆調教はパーフェクト

2週連続で武豊を背にしたリーチザクラウンは、ポリトラックコースで最終追い。先週、破格の時計(6F75秒5)を計時しただけに、この日は反応と雰囲気を確かめればよかった。6F79秒1と、その通りの時計だったが、動きは迫力満点。併せたテンシノゴ…

ゲレイロ◆ダートハマれば・・・

【芝馬の挑戦(3)】ローレルゲレイロにとってフェブラリーSの最大の魅力は、今春の目標であるドバイゴールデンシャヒーン(3月27日、メイダン)へ少しでも間隔を空けて調整できる点だ。次週の阪急杯(28日、阪神)も視野に入れていたが、1週早く、…

ブロッケン◆連覇見えてきた!!!

連覇への思いが、このひと追いに込められていた。サクセスブロッケンは松田(レースは内田)が騎乗して坂路単走。テンから軽快にラップを刻み、ビシッと追ってきた。躍動感あふれるフットワークで4F51秒8、最後の2Fは12秒1〜12秒6でしっかり伸…

エスポ君◆歴史的名馬並みの動き

この動きは歴史的名馬のレベルだ。パワフルなトモ(後肢)、素早く繰り出される四肢、圧倒的なスピード感。エスポワールシチーがG1・4連勝へ、力強く王手をかけた。 佐藤が乗ってのCWコース。角馬場では子供っぽいしぐさを見せたが、コースでは人馬一体…