4歳上500万下

「血統表」と「現実」のすり合わせ、競走馬の「個性」の「解釈」

夢が叶うとき ジャパンカップ

ヾ(*′○‘)゚.+:。゚☆こんばんわぁ~☆
 
 
 
ドリームジャーニーが制した宝塚記念をTV観戦したあの日から、
私もあのファンファーレを生で聴きたい、あの雰囲気を味わいたい。
というのが、私の夢になっていました。
 
 
 
私が競馬を始めたときにデビューした現4歳世代。
そして、ブエナビスタ。この馬たちは私に競馬を教えてくれました。
 
 
 
ブエナビスタは、「本当に強い馬とは何か」を教えてくれた。
エイシンフラッシュは、「馬には個性(というか、得意な展開があること)を教えてくれた」。
ルーラーシップは初めて夢を見させてくれた。
 
 
 
この馬たちがターフを去る前に1度は見ていないと行けないと思っていた。
そして、明日その時が訪れようとしている。
 
 
 
 
 
東京10R 第31回ジャパンカップ GⅠ
 
                 ◎ ⑫ウインバリアシオン
                 ○ ⑮エイシンフラッシュ
                 ▲ ⑬デインドリーム
                 △ ②ブエナビスタ
                 △ ④オウケンブルースリ
                 △ ⑤トレイルブレイザー
                 △ ⑥トゥザグローリー
 
                 馬連 ⑫-②④⑤⑥⑬⑮
 
 
 
本命はデビューから惚れこんでいるウインバリアシオン
競馬に”たられば”はないが、オルフェーヴルがいなければ圧巻の二冠を達成している。
ダービー、菊花賞とこの馬はとんでもなく強い競馬をしている。
東京2400Mはこの馬が最も力を発揮できる舞台だと思う。
オルフェーヴルの強さを証明するためにもここは素晴らしいレースをしてほしい。
 
 
書き出したら限がありませんが、ブエナビスタの復活も見たい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
競馬に出会ってから私の生活は変わりました。
暇があれば常に週末の競馬を考え、どきどきわくわくしていました。
 
 
今回は、無理を言って費用を出してくれた両親に感謝して楽しんできたいと思います。
私にとって夢が叶う場所は、ディズニーではなく東京競馬場です!