4歳上500万下

「血統表」と「現実」のすり合わせ、競走馬の「個性」の「解釈」

【予想】京王杯2歳ステークス

11月11日は私の愛するレーヴドリアンの命日です。
私の「競馬の原点」衝撃を受けたきさらぎ賞
1頭次元の違う末脚に惹かれました。
菊花賞の直線で夢も見たのはいうまでもない。
今週は妹を見守っていてください。
 
イメージ 1
アグレッシブ・・・「攻撃的な」、「侵略的な」
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
金曜夜現在での東京競馬場の馬場状態は重馬場。
このレースも重馬場で開催されることが多く、近年ではエイシンアポロンが勝利した2年前も重だった。
過去10年で良馬場以外で開催されたのが4回。そのうち3回は外国産馬が勝利している。
その外国産馬アメリカ輸入の馬で、パワーとスピードどちらも必要とされることが分かる。
 
 
 
 
本命は⑤ゲンテン。前走、先着を許した2頭はどちらともかなり後方に位置していた馬。
その馬相手に逃げて3着に残っている。直線差し返す根性も見せており、強い内容だった。
この中間は課題の折り合いをつけるために、調教を工夫し進境が見えた。
馬場悪化はこの馬にとってプラスにはたらく。あとは同型との兼ね合いだけ。
 
 
 
 
相手は函館2歳S3着の①ナイスヘイロー
かなり外を回され不利な競馬だった中よく追い込んできたと思う。
2着でファンタジーSを勝利したファインチョイスよりも外を回っていたことを考えれば強いと思える。
陣営は「郷里延長はプラスに出る」と自信を覗かせる。
 
 
 
 
⑭モンストールは良馬場で走りたかったところ。切れ味が鈍る可能性がある。
ペースが上がれば差し脚に警戒が必要なサドンストーム
全走見事な勝負根性を見せた2勝馬⑪ネオヴァンクル
ダート血統で外国産馬⑬エーシンブラスターを抑える。
 
 
 
三連複軸1頭ながし ⑤-①③⑪⑫⑬⑭ 15点
 
 
 
 
明日は1日練習試合です♪
また、4時に起きて予想してから行きたいと思います。
皆様のところには明日の早朝お伺いしますねッ!