4歳上500万下

「血統表」と「現実」のすり合わせ、競走馬の「個性」の「解釈」

第80回桜花賞 ~ Special~Outing Class~トニービン

下書きしてて、更新がレース直前になってしまいました(^^;)

 

ハーツクライ産駒でも母リリサイドがMill Reef5×3だった名牝リスグラシューは美しくしなやかに斬れましたね。

エーポスの母ストライクルートにはMill Reefがあっても、エーポスにはリスグラシューのようなしなやかさは感じません。それは硬いHyperion的体質が発現し、母父Smart Strikeが内包するOuting ClassとSpecial(~Fairy King〈=Sadller's Wells〉)とトニービンのナスペリオンNasrullah×Hyperion)的な、つまりエアグルーヴドゥラメンテジャングルポケット的な重厚な後肢を中心とした斬れが身上だからでしょう。

前脚のストライドが伸びないのは少なくないTeddyの血によるもので、ジャングルポケット前脚の出がいいとはいえなかった。体型的に2400は長いですが、3歳春なら能力でカバーできることは歴史が証明しています。オークスでも期待できる馬だと思います(血統的には無関係ですが、世界を渡り歩くディアドラだって2歳冬にはつわぶき賞〈中京1400〉を走っていました。オークス◎、9番人気4着)。

ま、枠的にもアエロリットのような脚を余す5着を想像しますが(外枠自体は悪くない)。

チェーンオブラブハーツクライにナスペオンですが、牝系は米血が強く配合的にもパワーが強い。血統的にも大成するのはエーポスのほうだと思いますね。

 

レースはレシステンシアがJFのようなペースで行くとリアアメリ的「足が溜まらない」敗戦する馬も多いと思うんですが、ここまで人気が落ちるならリアを頭で行ってみたくなりますよね。デアイングタクトマジックキャッスルが強かったらゴメンナサイ。

最後にウーマンズハートは以前こんなふうに書いていますが、いまのイメージでは、桜9着→オークス5着

▼ハーツといえば3歳牝馬で期待しているのがウーマンズハートで、細身のしなやかな馬体はリスグラシューを想起させ、明らかにマイラーではない。そんな馬がハイペースの阪神JFで先行して4着に残ってしまったのですから素質は恐ろしい。当然オークスで◎だ!と思うのですが、成長速度が同期のダイワメジャーやディープと比べて遅いので意外と勝ち切れなかったりして...なんて考えるのです(これもリスグラシュー的ですね)。

derby6-1.hatenablog.com