4歳上500万下

競馬の愉しみ―それは「血統表」と「現実」のすり合わせ、競走馬の「個性」の「解釈」

クリスタルブラック ~ 柔剛のバランス

レース回顧は時間がある時に。ひとまず表題について殴り書いておきます。

 

ディープインパクト×Storm CatAlzaoSir Ivor)は柔らかすぎるので、残りの1/4の部分である母母には、Storm Catの血統構成の中で最もパワーのあるEight Thirtyを増幅する血がほしい――これはある程度確立された理論です。

blog.goo.ne.jp

 

Eight Thirtyを増増幅する血とは、ニアリーであるMan o'War→War RelicやWar AdmiralやGold Example

キズナはMan o'Warだし、ダノンキングリーはWar Relicだし、アユサンにいたってはEight Thirty≒Good Example≒War Relic

クリスタルブラックキズナ(ディープ×Storm Cat)の「柔」をタイキシャトル(のなかでもCaerleon〈母Foresserがナスキロ血脈〉)で継続しているが、特筆すべきは「剛」の部分の増幅です

クリスタルフラッグの3代母Star PitcherはWar Relic3×3のIn Reality2×3!

Eight Thirtyも持つので、Star Picher自身はWar Relic≒Eight Thirty5・5×4・6・6ともいえます

間違いなくStar PitcherのWar Relic≒Eight Thirtyの超一流ダ的「剛」因子が、がキズナの持つEight Thirty≒Man o'Warに作用し、ディープインパクトStorm Catタイキシャトルの超一流芝的「柔」と絶妙なバランスで発現したのでしょう

 

クリスタルブラック自身は1800~2000向きで、まぁダービーは2000ベストの馬が勝ちやすいレースですから、イメージとしては気性的にもダノンキングリーでいいのでは

目標にされたスカイグルーヴよりは競馬がしやすかったわけですが、この完成度で中山1800と中山2000を連勝するとはビックリです。ちなみに、私は真っ先に消しました(笑)。狙いは次のセントポーリア賞とか東京の500万だろうと。

いずれにせよ、上位2頭はダービー、オークスで注目でしょう。