4歳上500万下

“血統表”と“現実”のすり合わせ、“競走馬の個性”の解釈

カンパニー再来?

18時にはすっかり暗い。そんな季節となった。

セントライト記念を勝ったミッキースワローはLady Josephine~Fair Trial、Caro的な軽快なスピードが持ち味だったツィンクルブライドジャングルポケットトーセンホマレボシと配されLyphard5×3

それ以上に母母ツィンクルブライドLyphard、母父ジャングルポケットトニービンとNureyev、父母エヴリウィスパーのノーザンテースト、父父ディープインパクトウインドインハーヘアと血統表の4分割全てにハイインロー(HyperionとSon-in-Law)血脈が入っているというのが重厚で深みが合って良い。

ノーザンテーストトニービンにエヴリウィスパー、つまりカンパニーだから、6歳7歳8歳での覚醒があってもおかしくない。鞍上も鞍上だ。ヒストリカルレベルなら覚醒して重賞までだが、この時期に重賞を勝ち「切った」ということは、覚醒したら本当にカンパニーになるかもしれない。

4着スティッフェリオはデビュー時から、悪くない配合で菊路線でと書いてきたので、もうこれで満足。

 中京10R大寒桜賞のスティッフェリオもちょいと注目している馬。

土曜阪神5Rを逃げ切ったスティッフェリオは、以前も取り上げました。

京都5R(芝2000m)のスティッフェリオは、ステイゴールド×シルアスアティテュードという血統。

母母ザミリアとの間にはゴールドスミスという同期のステイゴールド産駒がいます(新馬勝ち)。このザミリアはSir IvorHabitatを通じるSir Gaylord5×5で、ここがステイゴールドにはちょっと気がかりなんですが、ノーザンテーストと血統構成が近いThe Minstrelを通じるNorthern Dancer4×4というのは効くでしょうし、Green Desertのパワーというのもプラス。

そしてザミリアにMtotoを配されて産まれたのがシリアスアチテュードですが、MtotoはDonatello3×4、しかもMtoto自体がMiranda(=Pretty Polly)牝系でもあり、これはノーザンテースト増幅に繋がります。

ステイゴールドとしてはまずまずの配合です。

土曜の3歳戦 ~ ソウスルターリングとリスグラシューとヴゼットジョリーの樫最大のライバル - 4歳上500万下

菊路線に乗ってこれるかどうか。長い目で。

今更ながら2月最終週の回顧 をば。 - 4歳上500万下

 

ローズSラビットランTapit×Dixieland Band×Alydar×Courtly Deeという超良血。そんな馬がローズSと勝つとは。雰囲気的にはヤマニンパラダイスか。

以下はおあそび。

ヤマニンセラフィム×ラビットラン

(Althea=Aquilegia3×3、ヤマニンパラダイス≒Amelia2×2)

www.jbis.or.jp

スマートグレイス(Courtly Dee4×3)がどこまで出世するかだなぁ。

www.jbis.or.jp