4歳上500万下

“血統表”と“現実”のすり合わせ、“競走馬の個性”の解釈

セントライト記念/ローズS 回顧

セントライト記念におけるディーマジェスティについては、色々なところで書いたり話したりしてきましたが、まとめると、

 

  • ダービーにおける『これほど「パワー」と「スタミナ」に富んでいるタイプが、このハイレベル世代で、エイシンフラッシュのダービーのような超瞬発力勝負で、マカヒキサトノダイヤモンドに肉薄した』というパフォーマンスで、「この世代でどの馬が1番強いのか」という議論で、「総合力ではディーマジェスティが頭半分くらい抜けている」という評価になったので、特別不向きでもない舞台で、所謂「5強」も不在である。
  • 春に比べて明らかに順調に調整が進んでいた。
  • 小頭数なので捲ってもロスにならない

 

ということでしょうか。

 

パドックを見ての感想は、「筋肉量がある割に筋肉が柔らかい」ということで、これは「硬派パワー」の母と、父が素晴らしい具合に中和しているということなのでしょう。

しかし問題は菊花賞です。菊花賞は3000mという字面通りのスタミナは要求されず、京都の内枠で器用に競馬をする力や、下り坂適性などが求められます。ディーは器用さや下り坂適性が高いとは言えませんが、鞍上が京都長丁場適性SSです(笑)

内枠を引けば(外枠でも道中はどこかで内に入れて)、3角~4角で絶妙な進出(単純な大外進出ではなくて、馬群の中から外へ斜めに進出する感じw)をし、最大パフォーマンスを出させてくるでしょう。

(いやー、京都で終始外目進出じゃあ、さすがに相手もダイヤモンドだしキツくないかと思ったけど案外イケそう...)

 

けっきょくセントライトでもディープのワンツースリー。ただプロディガルサンは、ああいうストライド走法ならGIは獲れずに、古馬になって距離適性がリアルスティール=ラングレー的に縮まり、ラングレー的重賞の壁のぶつかり方をしそうではありますが。

ピースマインドは、あの牝系らしい走法でですが、陣営も言っているようにスピードが素晴らしい。体の成長が追い付けばオープンまでは上がってくるんじゃないでしょうか。

 

ローズSにおけるシンハライトについてもまとめると以下の通り。

 

  • オークスの強引な勝ち方は、シーザリオを想起させるもので、何度やってもシンハライトが勝っていただろうと思わせたので、ジュエラー以外の中では力が抜けているだろう。
  • 本来は、春クラシックを勝ち切る可能性が少ない「父中長距離馬×母父中長距離馬で450キロ以下」というタイプなだけに、上昇度でも随一。

 

というわけで、文句のない勝利でした。

マカヒキサトノダイヤモンドと同じように、父のHalo≒Sir Ivorを継続しているので、「掛からない」、「大飛びだけど器用さがある」という、まさに彼らと同じ特徴を持ちます。だから内2000の本番でも減点するところがない。

まぁ秋華賞は、昔の「魔の桜花賞ペース」ならぬ「魔の秋華賞ペース」という言葉が出てくるほどハイペースになりやすく、内回りでも外回り向き外差し競馬になりやすい。変に器用すぎる競馬をすると、ジュエラーやビッシュに一矢報いられるかもしれません。

 

クロコスミアは、母父ボストンハーバーですが母母がNashwan×Sadler's Wells×Park Appealという良血で、AlubhaiやAureoleほどの整合性は無いものの、Northern DancerHyperionやDonatelloでノーザンテーストを増幅できてはいるのでこのまま終わる馬とは思えないと書きました(晩成ステゴの小柄な牝馬で札幌2歳で3着になってるだけで並みの馬ではない)。

カイザーバルは、今回も岸本助手が「自分のリズムで走ることさえできれば、GI馬2頭にもヒケを取らない力を持っている」と、またまた「能力だけならGI級」コメント。道悪もあってか、インで巧く折り合えましたし、コメント通りここまでやれるんです。配合はTom Fool≒Flaming Page7・6×4・6なので、走法もスクリーンヒーローやモーリスに似たところがあるTom Foolらしいものに感じますし、これなら内回りも大丈夫。やっぱり本番の大物食いならこの馬なのではないのかと思います。(新馬戦を圧勝した時、牝馬3冠を獲ると言っていた私)

derby6-1.hatenablog.com

 

 

デンコウアンジュレッドアヴァンセも、やっぱり非力なのか、京都や東京の方が現状良いんでしょうね。京都に変わりますし、本来外回り向きの差し馬であるこういうタイプが、Hペースで浮上するのが秋華賞ですから見限れません。

ジュエラーはこれだけ出していく競馬も初めてだったし悲観する必要はないと思います。昨年はミッキークイーン→クィーンズリングの仏血ワンツーでした。またミルコの決め打ちで、仏的斬れが炸裂する可能性は大いにありますし、むしろ馬券的な妙味はこっちにありますね。

 

なーんか秋華賞は◎カイザーバル〇シンハライトにしそうな予感(^^;)

取り急ぎ重賞だけ書き殴りました。

 

【朝日杯セントライト記念】血統考察 byうまカレ|競馬コラム|競馬予想のウマニティ - サンスポ&ニッポン放送公認SNS

derby6-1.hatenablog.com

derby6-1.hatenablog.com

 

----------

 

【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)

望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo

栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html

『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

広告を非表示にする