4歳上500万下

“血統表”と“現実”のすり合わせ、“競走馬の個性”の解釈

フェイマスエンドとカレンケカリーナの配合

〘ウマニティ』に、歴史的コンデュイット馬場についてなど、先週の回顧を寄稿しています。良かったらご覧ください。

【中京記念他】先週の結果などふり返り byうまカレ|競馬コラム|競馬予想のウマニティ - サンスポ&ニッポン放送公認SNS

 ヴゼットジョリーはただ者でないとみてますが、どうなるかな~

 

今週はFrankel×スタセリタソウルスターリンがデビュー予定ですが、日本デビュー予定のFrankel産駒の中でも、「良血度」ならNo.1なものの配合的には推せませんね。モズアスコットミスエルテが良いかなと思っていますが果たして。

derby6-1.hatenablog.com

 

----------

 

これは、ぼくが望田先生から学んだことの1つをまとめる感じになりますが、体質的な柔らかさの根源は、The Tetrarchという馬

そして、現代においては、柔らかさの供給はGold DiggerMr.ProspectorとMumtaz Mahal→Mumtaz Begum→Nasrullahが大きく寄与していると考えられます。

 

このことを頭に置いて2頭の馬について考察していきます。

 

種牡馬Mr.Prospectorは単調なダート血脈というイメージもあるかもしれませんが、芝向きの産駒も多く輩出しました。母Gold DiggerNasrullahとCount Fleetを通じるThe Tetrarch5×6に起因する柔らかさが芝で活躍馬を残せた導引と考えられます。

 

Gold Digger

f:id:derby6_1:20160727145722p:plain

だから、Mr.ProspectorNasrullahとCount Fleet(望田先生は「ナスフリート」と略される)を持ってくると、硬い体質が柔らかくなるというわけです。

 

フェイマスエンドシルクフェイマスの数少ない産駒の1頭ですが、オープンまで出世しました(2016年7月現在)。彼が芝でここまでやれているのは、母の配合に因るものだと考えられます。

 

母母グレイスカップは、Who’s to Know≒Don B.4×3

 

グレイスカップ

f:id:derby6_1:20160727141615p:plain

 

Who's to Know

f:id:derby6_1:20160727190716p:plain

 

Don B.

f:id:derby6_1:20160727190532p:plain

Who's to Know≒Don B.はFleet NasrullahとCount Fleet(Nasrullah1本、Count Fleet2本)で共通。さらにグレイスカップの父ビワハヤヒデは、Caro→シャルードというCaroのラインで、CaroもNasrullahThe Tetrarchですから、柔らかな体質を伝える馬でもあります。

このグレイスカップに、エンドスウィープ(←フォーティナイナーMr.Prospector)を配されたのがフェイマスエンドの母シルキウィズです。

グレイスカップ→シルキーウィズとGold Diggerを増幅している=Mr.Prospector的柔らさに繋がるわけです。

 

フェイマスエンド

f:id:derby6_1:20160727191227p:plain

 

 

 中京記念で0.4秒差7着だったカレンケカリーナは、2011年のスイートピーSを制し、秋華賞ではアヴェンチュラの4着に入ったアカンサスの3/4妹

母父Unbridled's Songは、Mr.Prospector系の中でもパワーがあるUnbridledの産駒ですが、母Trolley Songが父は先述したCaro、母がRoyal Cherger(≒Nasrullah)とPrincequilloを持つ(Mahmoud4×4も持つので、The Tetrarchはもう2本ある)ので非常に柔らかい体質を伝えます。

 

Trolley Song

f:id:derby6_1:20160727185630p:plain

母父Unbridled's Songのバンドワゴントーホウジャッカルダノンプラチナも明らかに体質は柔らかいですし、産駒のレッドルーファスも東京で走りますよね。

 

カレンケカリーナの話に戻しますが、3代母Possible Mateがポイント

その父King's BishopはRound Table×Fleet NasrullahNasrullah×Count Fleet)

 

King's Bishop

f:id:derby6_1:20160727185722p:plain

 

母ExecutionがPromised Land(母がThe Tetrarch4×4)を通じるMahmoud2×4

 

Execution

f:id:derby6_1:20160727185748p:plain

 

カレンケカリーナの場合はPromised Landのクロス(ハーツのPromised Landクロスはウインバリアシオンが有名)を持つので、これも切れ味を引き出しているといえるでしょう。

つまりアカンサス≒カレンケカリーナの母センスオブハート芝向きの柔らかさを伝える優秀な繁殖であるということ。

 

カレンケカリーナ

f:id:derby6_1:20160727191307p:plain

 

現2歳のセンスオブハートの2014は、ヴィクトワールピサ産駒なのですが、ヴィクトワールピサは、父の持つMr.ProspectorGold Digger)を増幅した馬が結果を残しています。ですから配合的には相当期待できると思うのですが、如何せん情報がないのが...

derby6-1.hatenablog.com

 

----------

 

【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)

望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo

栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html

『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

広告を非表示にする