読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4歳上500万下

“血統表”と“現実”のすり合わせ、“競走馬の個性”の解釈

今日の競馬 「軽いスピード」の正体

種牡馬コンデュイット()は、動きを俊敏にするためにHopespringseternal(Miswaki)が重要で、やっぱりHopeS.Sと似たような組成の血、特にCaerleonとニックスの関係にあります。

コンデュイットにクロウキャニオンやスターミーを付けなかったことが残念でなりません。元気にしてるかな...

 

-----

 

福島9R開成山特別は▲マスタープラマー頑張りましょう。

 

10R松島特別の人気馬は、ブラックバゴ(Halo5×4)、スペランツァデーア(Halo≒Sir Ivor3×4・5、母はSecrettame≒Sir Ivor4・3×4)、ショウナンハルカスHalo3×5)、ストレンジクォーク(Drone≒Halo≒Hopespringseternal5×4・4)

まぁ何というか、「いつかOPで戦うんだろうな」と思わせる芝の中距離馬のほとんどがNasrullahTom Fool的な軟質なスピードを増幅させている、ということです。ここまで露骨かぁ...とも思いました。

良く言われる日本競馬で必要な「軽いスピード」の正体はこれなんです。(ちなみに明日の七夕賞ではマーティンボロがHalo≒Red God3×4・4ですね)

 

11R阿武隈SHyperion豊富なスキッフルの息子フェルメッツァが年齢を重ねるごとに前受けできるようになり、前走では2番手で走っていたのは順当(ジャスタウェイワンアンドオンリーリトルアマポーラハーツクライもダイワリベラルもメドウヒルズも...いずれアルバートドックも)、瞬発力勝負で敗れましたが、小回りならチャンスか。

ゴットフリートは母母マチカネササメユキがプレイメイト≒Sex Appeal2×2、自身がHalo4×3という軟硬のバランスが良い配合で、明らかな小回り向き。まぁ半兄マデイラが七夕賞3着ですから、説明不要ですが(^_^.)鞍上が魅力ですな。

ケイアイチョウサンはこの枠だとかなり危ないんじゃないですか~

 

中京8Rの500万は◎メリーモナー

名繁殖リッチダンサーの息子で父がキンカメですからNureyev≒Fairy King4×3、雨ならこの馬になりますよ...

サラトガスピリットも雨は良いでしょうからこの1点

 

9R茶臼山高原特別は◎アグネスヒーロー

ディープスカイ×ティンバーカントリーというだけでこの泥んこ馬場◎ですが、アグネスレディー4×4でもあるんですね。休み明けだからこそ狙ってみたい。

ジュンファイトクングラスワンダー×ネオユニヴァースで母母がRibot5×5だからつまりはそういうことでこの条件はマイナスではないでしょう。

ハービンジャー2騎では、トニービンが入る▲ホットファイヤーの方を上に。

コンデュイットは雨降りすぎはどうなんでしょうね

 

10R知多特別の人気馬も、ダノンシーザー(Halo≒Sir Ivor≒Sister Dot3・5×3・5)、ムーンクレストHalo4×4)、プレミオテーラーHalo3×4)、ビナイーグルHalo4×4=Devil's Bag3×3)

まぁ今回に関してはこの馬場なので、Halo的な血の少ないDanzig2×3のカトルラポールとか、ラッフォルツァートとか(どっちもグラワスだ)、スキッフルっ仔のエスティタートとかの方が良いのかなという気がしますが。

グラス娘2頭とビナイーグル中心に考えています。

 

函館10R八雲特別は◎シャインレッド、母はアドマイヤフッキー(フジキセキ×トキオリアリティー)で、前走は外枠が響いただけ、ここで終わる馬とは思えません。相手はバリスで仕方なしかなと思いますが、タルトオポムの前走は内で包まれてしまったもので、やっぱり夏の函館1800ならマークしておきたい1。

 

11R五稜郭Sは◎ワールドレーヴ、毎年のように北海道では◎を打ていますが、パワーが優ったピッチ走法で、東京だとスローでちょこっと脚を使って3着止まり。本質的には捲ってこそのタイプで、今回の◎の決め手はそういう騎乗が合っている浜中騎手であるということ。一雨降ればなお良しですが...。

ヤマイチパートナーも、あれはRobertoの影響かな、明らかに捲りが得意そうな走法で、「モタれる面がなくなった」という今、大箱であれだけやれていれば、北の準OPなら勝ち負けでしょう。

レッドソロモンは、名繁殖アドマイヤリッチの息子で、パワーに富んだ牝系ですからここならアッサリも合って良いかもしれませんね。(だけどやっぱりワールドレーヴやヤマイチパートナーに重い印を打ちたくなるさ、夏だもん(´・ω・`)

 

----------

 

【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)

望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo

栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html

『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

広告を非表示にする