4歳上500万下

“血統表”と“現実”のすり合わせ、“競走馬の個性”の解釈

6/11(土)の新馬戦 ~ キャスパリーグがデビュー

先ほどうまカレのフリーペーパーを印刷会社の方に入稿して、オークス週から続いていたバタバタにひと段落ついたかな~という感じ。

POG的には、ディープ・ハーツ・キンカメ産駒は全頭チェックしました。また、外国産馬・持ち込み馬についても3/4くらいはチェックし終わりました。来週中に残りの1/4とダイワメジャー産駒をチェックし終われば、後輩とやっている種牡馬POGは指名し終えられると思います。

 

さて土曜の新馬戦です。

東京5R(芝1400m)

岡田繁幸氏系を優先して書きます。

 

コスモローイエット

オウケンブルースリのシルバージョイ牝系で、贔屓のベーカバド産駒。母父がマンハッタンカフェなのでSir Ivor≒Halo≒Boldnesian5×4・6とNasrullah+Tom Foolスピードのクロス、またナスキロラトロ(Bull Dogの豊富さもあって)という点ではForeign Courier≒Seattle Slew4×5

3代母シルバージョイはGold Digger4×3なので、ベーカバドのMill Reelと脈絡してナスフリートを増幅しているともいえる。

父産駒としては悪くない配合。好枠を活かして。

 

コスモマツカゼ

ペスースポート牝系×マンハッタンカフェだからHalo≒Boldnesian≒Red God3・5×7、Haloを増幅しているマンカフェは悪くない。

 

コスモカンナム

種牡馬ディープブリランテの産駒で、Riverman4×4が目立つ。

母父がデヒアなので、ナスキロ+Tom FoolでみればHopespringseternal≒Sister Dot6×3にもなっている。

また、3代母Magic Circle→母母父Irish River→母父デヒア→父ディープブリランテと4代に渡ってナスキロが継続交配されているのも好感。

 

ウエルカムフルーツ

アドマイヤムーン×サニーブライアンと地味な字面だが、Foresser≒Riverman4×5のナスキロラトロのニアリークロス、更にNijinsky4×5だからCaerleonの血統構成を増幅することに成功している。母系にPrincely GiftやPromised Landという柔らかさを伝える馬が入るのも好感。パドックが楽しみ。

 

タントミール

ストーミーシーと同じ、ミルファーム×斉藤誠厩舎

マツリダゴッホ産駒で、Bold Bidder≒Secretariat4×5、母系にノーザンテーストが入るのはロードクエストやと同じ。ストライドマイラーかな?

 

ボウソウノカゼ

パイロ産駒で母系にCaerleonが入るので、Seattle Slew≒Foresser4×4というナスキロラトロのクロス

 

アキラノテソーロ

マル外でも存在感を見せる了徳寺さんの持ち馬でルーラーシップ産駒、叔母はウインクルサルーテ

母はメイショウボーラー×SS×DBだからNasrullah+Tom FoolのHalo≒Terlingua≒Drone4・4×3・5、タイキシャトルとDBもNorthern DancerとHalo≒Sir Ivorで相性は悪くないはず。なかなかの繁殖だろうが、ルーラーシップとの配合がベストではないはず。

 

ロジセンス

ストリートセンス×SSでHalo5×3、更に母母はNasrullah5×4+Tom Foolだから、ここでもHaloを増幅させていることになる。軽いスピードが武器。

 

ラヴィアンクレールの下の⑦ブライトエピローグは最終的にはダートだろうなぁという気がしています。

 

 

阪神5R(芝1400m)

 

キャスパリーグ

複数のところで指名しているPOG馬です。

ディープ×Storm Catのニックスで、母系にNijinskyが入るのはラキシス=サトノアラジンと同じ。

また母母Que Belleは父シアトルダンサーⅡ、母Qui Bid共にNative Dancer、To Market、ナスキロラトロを持つ相似配合です。桜花賞!!!

 

サツキユニヴァース

ネオユニヴァース×シンボリクリスエスですが、母はRoberto3×4、母母はFall Aspenとノーザンテーストを持ちHyperionが濃いです。ダ1800なんか合いそうですが...

 

ムテキングス

母母Stage Struckはバレークイーンの全妹で、そこにCaerleonキングズベストと配されたのが本馬。Nureyev≒Sadler's Wells4×3、Caerleonがどう出てくるかですかね。もちろんダ1800になる可能性もあり、陣営コメントは「軽いというより力強い動きをする」と須貝師。それなのに1400デビューということはCaerleonが効いているともいえるのかな?Lady Jurorの二面性かな?

 

ナインゴラン

コンデュイット産駒(*'▽')

La Troiennne系Serachingの牝系で、ゴールドヘイローMr.Prospector、ナスキロラトロ、Tom Fool、つまりMiswakiの血を増幅できてはいるが.......

 

スーサンゴー

ジャンポケ産駒で母系にジェイドロバリーが入るからNureyev≒Numver3×4、前向きな気性で突進していくタイプでしょう。Habitat持ち。

 

トミケンナプロスト

最近新たにディーマジェスティを輩出したMargarethen牝系でも、クロカミ→クロウキャニオンが出たMargie Belleの分岐。本馬では3代母にあたるMargie Belleに、Desert Wine→Danehill DancerアドマイヤマックスとLa Troiennne血脈を継続交配されている。パワーは十分だろうし、ノーザンテーストVaguely Nobleという成長力たっぷりの血が含まれているのも良い。「スピードがある」とのことだから、そのスピードを巧くコントロールできれば楽しみ。

 

サンライズキリシマ

ケイムホーム産駒で、Secrettame≒マルゼンキール3×3(SecretariatボールドラッドUSA、Tom Fool

「非力で阪神の坂がどうか」とのこと。やはり軽すぎるのか?

 

パドックが楽しみです~

 

----------

 

【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)

望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo

栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html

『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

広告を非表示にする