読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4歳上500万下

“血統表”と“現実”のすり合わせ、“競走馬の個性”の解釈

今日のお予想

レース考察2016

ケンタッキーダービーラニは9着。馬場を考えれば本当によく走ったのではないでしょうか。この後は約1か月後のベルモントS、2400mの距離、小頭数、直線の長いコース形態も向きますしSunday Breakの3着以上の走りが期待できます。楽しみです。

 

東京3Rではディープ産駒のアムネスティが3戦目で初賞r。レプランシュと同じ母父ファスリエフですが、本馬は母母父がUnfuwainなのでBurgclere≒Height of Fashion3×4(ウインドインハーヘア≒Unfuwain2×3ともいえるかも)です。このクロスを持つ馬というとブレイクマイハートが浮かびますが、こちらもすぐ勝てそうなんですよね~。

 

----------

 

NHKマイルはウマニティさんでのコラムに書いた通り、◎メジャーエンブレム

iPhoneの待ち受けがリオンディーズ、PCの壁紙がメジャーエンブレム、春はこの2頭と決めていました。構成血脈ひとつひとつの美点が合わらされているような気がして、桜花賞ほど被っていないからこそ単系でいってみたいです。たとえ超差し馬場でも◎でした。

【NHKマイルカップ】血統考察 byうまカレ|競馬コラム|競馬予想のウマニティ - サンスポ&ニッポン放送公認SNS

 

ブリリアントSは人気でも◎アポロケンタッキー

父LangfuhrはDanzig直仔のスプリンターですが母父にGone Westを持ってきてFleet Nasrullah≒Gold Digger(NasrullahとCount Fleet)として長距離を走れる体質、走法に改良されたというべきでしょうか。直線の長い東京替わりも歓迎でしょう。

相手は人気薄に手広く流すのが良さそうですが、面白いのはトウショウボーイ、ダイナタッチとHyperionの濃い馬を母系に内包しているマイネルバウンスキープインタッチの内2頭かなと。

イースターパレードも小回りも捲れるタイプだとは思いますが、A.P.Indyの影響が少し怠慢さもあるので東京でダラダラと脚を使う競馬も悪くなさそう。

後は東京得意のナリタポセイドントウシンイーグルのハーツ2騎に、ブライトエンブレムもダ自体は合っているでしょう。

 

新潟大賞典菊花賞〇、金鯱賞日経新春杯小倉大賞典に続いて◎ベルーフ

母母ゴールデンサッシュの持つディクタスのWild RiskやPrince Bioなどの血を薄くクロスしていてハービンジャー産駒でも斬れるタイプ(さすがにディープとのヨーイドンではダメで、持続戦になりやすい小回りで好走が目立っているだけ)で、ベストコースは京都外だと思いますが、新潟外での末脚比べを見てみたかった。スタミナは十分ですから来年は春天に出てほしいんだよなぁ~

それにしても最近は、ベルーフとかジュエラーとかレッドエルディストらのフランス的な斬れにハマッています。

ヒストリカルノーザンテーストの影響か、ディープ産駒でも前に負担が掛かった方が良いタイプの差し馬。晩成の血が本格化してきたとなれば評価したいです。

ダコールはもうローカルGIIIでは58キロでも崩れないし、昨年は天皇賞でも印を回していたほど。

裕紀人の△サトノラーゼン、△ショウナンバッハあたりはほぼ同列

フルーキーはいくら平坦とはいえ直線の長い2000ではアタマは厳しそうで、アングライフェンはローカルGIIIは間違いなく勝てる器だし、将来的にはひょっとするとひょっとするかもとも思ってますが内2000がベスト

それなら53キロ△バロンドゥホールの末脚が面白いかも。前走は福島開幕週の外枠で参考外、3/4アルフレードで大飛び、舞台は悪くないはずです。

 

今新幹線で東京に戻っていて、NHKマイルはどこか電源のある喫茶店でパソコン観戦。

 

----------

 

【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)

望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo

栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html

『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

広告を非表示にする