読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4歳上500万下

“血統表”と“現実”のすり合わせ、“競走馬の個性”の解釈

ダービーへの最終切符2レース

レース考察2016

ウマニティさんで、NHKマイルカップの血統考察を書いています。(今回はいつもより分かりやすいはずw)

【NHKマイルカップ】血統考察 byうまカレ|競馬コラム|競馬予想のウマニティ - サンスポ&ニッポン放送公認SNS

 

--------

 

さて、今日でダービー出走馬がほぼほぼ確定しますかね。角居厩舎のエアグルーヴビワハイジの仔が揃って出走。エアグルーヴ東京、ビワハイジ京都というのも合うと思うます。

 

プリンシパルSは以前から注目している◎アシュワガンダに期待。タニノギムレット×母系Alydarでハギノハイブリッドと少し似ている配合ですが、母父がアドマイヤベガだからか、AlydarAlysheba経由で取り込んでいるからか、ハギノほど硬肉曲飛ではなくタニノギムレット×アドマイヤベガらしい斬れ者なのではないかと思うんです。確か左に膨れる癖があるので、そこのところがどうかですが、今の少しタフな東京の馬場もプラスだともいますし楽しみ。

アジュールローズは母がCaerleon、Caro、Irish RiverNasrullah×Prince Rose血脈が多いことに加え、父ヴィクトワールピサの母母Much too Riskyの仏血Klarionを遠目にクロスしているのはジュエラーと同じ。少し時計が掛かった馬場の方が良いタイプでしょうから今の東京もプラスかと。

▲はお馴染Hornbeam≒パロクサイドで明らかに東京向きの大飛びで走るショパン。初戦はモタついていましたが、2戦目できっちり変わって内1600で勝利したのはまさに力の違い。枠は厳しいですが全兄ルーラーシップと同じ道を辿れるかな~

ずっと注目してきたプランスシャルマンは少し評価を下げて△まで。ジャングルポケット×母母父ノーザンテーストHyperionが濃く、ホープフルは内で動くに動けず、京成杯もスムーズさを欠き、スプリングはウチパク騎手のなかなか完璧な騎乗。それでも踏ん張り切れなかったところは、まだ成長が追い付いていないのかなという感じがしました。字面的にはダート馬に出てもおかしくないのですが、近親のシングウィズジョイ同様に芝で結果を残しているのは、3代母フリートークがFleet NasrullahNasrullah×Count Fleet)を通じるNasrullah5×4だからなのかなぁという気がしますね。

3歳戦に強いバブル牝系の△マイネルラフレシア、牝系的に東京で良さが出そうな△エフティスパークル、ディープ×Pacific Princessの△ゼーヴィントまでかな。

 

京都新聞杯は、いくた京都外は合っているとは言っても馬体をみるとスマートオーディンに2200は長いし、ロイカバードきさらぎ賞の時から書いているようにCourt Martial≒Farthing Damages≒Forecourt5・5×6・5とCourt Martialのニアリークロスが多いから内回り向きのディープだし、ゼンノタヂカラオキングカメハメハ×母母父Alydarだから明らかに外回り<内回り、ブラックスピネルはRibot5・6×8・5とRibotが濃いから京都外で評価を上げることは出来ない...。

となると、京都外が合っているといえるのは前傾姿勢で走る◎エルプシャフトしかいません。

ユウチェンジは、3代母父ムーンマウンテン→母母父ノーザンディレクター→母父ウイニングチケットとナスペリオンNasrullahHyperion)を継続交配した配合で、京都<東京だとは思うけれど、末脚に最も魅力があるのはこの馬でしょう。

スマートオーディンが被っていて、〇がここまで人気落ちならば、◎の単と◎〇の馬連・ワイドかな。

 

----------

 

【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)

望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo

栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html

『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

広告を非表示にする