読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4歳上500万下

“血統表”と“現実”のすり合わせ、“競走馬の個性”の解釈

毎日杯、日経賞と今日の注目馬

レース考察2016 雑談 配合

中京5Rのワークフォース産駒、アドルナメンテは3代母がSex AppealでSadler's Wells≒Nureyev3×3、この牝系にワークフォースだとパワーとスタミナに寄りすぎている感じですが中京なら好走してもらいたい。まぁ夏の北海道では勝ち上がれると思うんだけどなぁ。

 

中山5Rのビッシュは、現3歳ではサトノキングダムと2頭しかいないディープインパクト×Acatenangoで、小柄な体からも良馬場替わりはプラスでしょう。牝馬路線最後の大物としての期待は大きいですね。サトノキングダムと共にオークス、ダービーとこの配合が出走してほしいなぁ。

derby6-1.hatenablog.com

 

阪神5Rではサトノクラウンの半妹シャレードスマイルステイゴールド×ジョコンダⅡ)でようやくデビューします。が、ステイゴールドでは大成できない配合のように思うのでどこまでいってくれるかなぁ。

 

 

毎日杯は、スロー必至のこのメンバーであれば〇スマートオーディンの切れ味が1枚上なんでしょうが、現状では阪神<東京<京都な気がするんですよね。あとはいくら名手でも気性は心配でもあります。

それならば、岩田騎手は不振ですがHalo3×5、母がRiverman4×3でパワーがある◎ディープエクシードが抜け出してきて馬券にならないでしょうか?

先行が上手なシュタルケ騎手騎乗の▲ロワアブソリューが、好位から抜け出してこれそう。パワー型で鞍上とは手が合いそうです。スタートだけが不安ですが...。

タイセイサミットは不器用という面ではワンターンはプラスでしょうが、スローだとここでは小回り適性が求められてしまって本末転倒。アーバンキッドももう少し負担の掛かるペースで良さが活きますよねぇやっぱり...。

買うなら◎〇▲で強弱をつけた買い方ですかね。

 

日経賞は2年連続で◎ホッコーブレーヴ

ゴールドシップフェイムゲームアドマイヤラクティのように心肺機能が優れているステイヤーではなく、燃費の良い走り方で走り、レースが終わったところで突っ込んでくるというタイプで、一昨年の日経賞天皇賞(春)、昨年の日経賞はまさにその形。田辺騎手はロードクエストの新潟2歳、トウショウドラフタのファルコンSなど後方からの競馬が抜群に巧いです。前走は馬場が敗因ですし、このメンバーであれば3~4角からペースアップする流れになりそうで、我慢して我慢して昨年のように最後の最後に突っ込んで来てもらいたい。

サウンズオブアースはコースを問わないタイプで、ここでは地力上位。

ゴールドアクターや、リアライト有馬記念は展開が向いた感があるし、ディサイファはこの距離だと微妙、アルバートは広いコース向きですから本番で◎を考えていたりします。

◎から行くのであれば人気の〇▲へのワイドでも十分でしょう。

 

ウマニティさんでのコラム、今週はGI高松宮記念

 

 

----------

 

【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)

望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo

栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html

『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

広告を非表示にする