4歳上500万下

“血統表”と“現実”のすり合わせ、“競走馬の個性”の解釈

スプリングS、阪神大賞典

昨日のファルコンSPOG馬のトウショウドラフタが制しました。母母サマンサトウショウで、Sadler's Wells≒Number3×3、持ち前のパワーで重馬場をものともせずドスドスと追い込んでの圧勝。血統を考えても本当に楽しみな馬が出てきました(^^)

中山の新馬戦のワークフォース産駒、フォースリッチPOG馬です。ロジユニヴァースやノーザンリバーやランフォルセソニンク牝系で、Nureyev≒Sadler's Wells5・3×4、Mr.Prospector4×4のクロスができます。ワークフォースソニンク牝系やハルーワスウィート牝系には注目ですね。

ワークフォースハービンジャーを比べると、どちらも欧州2400型ですが後者の方が筋肉は柔らかいですよね。だから明らかなダ<芝なんでしょう。僕は男臭いワークフォースの方が好きですけどねぇ。

 

スプリングS、〇ロードクエストは調教を見てもBold Bidder≒Secretariat4×5らしい綺麗な走りをしています。ここでは誰がみても明らかな力上位だけど、内1800を力でねじ伏せられるかというとロゴタイプのように「ここだ!」というわけではないのでハレルヤボーイ東スポ杯以来2度目の重賞◎を進呈したい。

細かいことはウマニティさんのコラムに書きましたが、ノーザンテースト4×5の影響か小刻みなピッチ走法で走るのでまともなペースであれば東京<中山なはずで、キングカメハメハトニービンを通じるHornbeam5×7を持っているということも、持続力が担保されているような気がしてよい。吉田豊騎手の潔く外を回す騎乗もハマりそうだし、ここは絶好の舞台でしょう。

プランスシャルマンジャングルポケットに母がノーザンテースト持ち、Hyperionが強く、ホープフルSは内枠がアダになって仕掛けが遅れ、前走もスムーズさを欠く競馬。小頭数で内田騎手ですからある程度早めに動いていくはずで、全能力を発揮すれば間違いなく通用するはず。

ドレッドノータスは望田先生が仰るように、重賞でも掛かっている=それほどの脚力があるという点が良いですね。

マイネルハニーは何度も書いてきたように、母父ナリタブライアン、Nothern Dancerを持たないマツリダゴッホにNothern Dancer3×3の母、そして自身はHail to Reason4×5、Bold Ruler5×5、Graustark5×5という相似配合系。母母クインリマンドはアグネスレディーの全姉でもあります。ここはハナを取り切る競馬が観たい。

マウントロブソンミッキーロケットは完成度の面で疑問があるので今回は消してみます。

 

【フジテレビ賞スプリングステークス】血統考察 byうまカレ|競馬コラム|競馬予想のウマニティ - サンスポ&ニッポン放送公認SNS

 

 

ゴールドシップのいない阪神大賞典は◎アドマイヤデウス

何度も何度も書いてきたように、父ティンバーカントリーが内包するFall Aspenとトニービン、母母アドマイヤラピスからHyperionを強く受け継ぎ、ストライドが伸びない走り方もHyperionらしいもので、Woodmanのパワーも受け継いでいるから少し骨太で捲りも巧く、内回りの長いところがベストだと思っています。ハーツクライジャングルポケットからのHyperionではなく、ティンバーカントリー×トニービンアドマイヤドンから受け継いだHyperionというのが非常に渋く、泥んこの凱旋門賞でも勝負になりそう。

トーホウジャッカルは調教を見ると、やはりしなやかな走りをしているなと思います。マルゼンスキーの母母QuillPrincequillo×Count Fleet、Unbridled's Songの母Trolley SongがNasrullah≒Royal Cherger4×4、その母Lucky SpellはMahmoud4×4でもありMumtaz Mahal血脈が豊富です。本質的にはステイヤーではないと思いますし、重い阪神の馬場も特別得意というわけではないですが、「宝塚記念よりも動ける」と陣営が言っているのならば地力を評価したいです。

▲はタンタアレグリア

シュヴァルグランはやはりこの牝系ですから3000だとパフォーマンスは落ちるでしょう。ただ、これくらいのタイプの方が天皇賞で内枠でも引くとサッと抜け出したりするんですよね~

あとは、3000で少し雨が残る馬場で和田騎手ならば△マイネルメダリストはいいなと思いますね。

 

 

 

ウマニティさんでのコラム、今週はスプリングS

【フジテレビ賞スプリングステークス】血統考察 byうまカレ|競馬コラム|競馬予想のウマニティ - サンスポ&ニッポン放送公認SNS

 

 

----------

 

【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)

望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo

栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html

『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

広告を非表示にする