4歳上500万下

“血統表”と“現実”のすり合わせ、“競走馬の個性”の解釈

ヒヤシンスS

京都5R(芝1600m)で、I♡ワークフォース産駒オリエントワークスが経験馬相手に勝ちました。母オリエントチャームサンデーサイレンス×ニキーヤですから自身はSadler's Wells≒Nureyev5・3×3、このパワーで今の重い馬場を追い込めた感じですかね。キャノンストームが京都外1800の新馬を勝ったのも重馬場が稍重の時でした。結局はそういうことでしょうね。いつか牡馬の大物が出ると信じていますが...

 

と思っていたら東京5R(芝1800m)でディープインパクト×Acatenangoのビッシュが5馬身差の楽勝。今年はサトノキングダムとビッシュしかいないので2/2です。

derby6-1.hatenablog.com

 

さてヒヤシンスS、ゴールデンバローズから1年経ちました。

スマートシャレードは内1800向きにみえるし、〇ラニは遠征を考慮しての仕上げで明らかにマイルは距離不足で器勝負。潜在能力を評価しての印です。

レガーロは父Bernardiniと同牝系母父Lemon Drop Kidを通じるA.P.Indy≒Charming Lassieの3/4同血クロス2×3で、どこからどうみても川崎1600<東京1600、全日本2歳優駿は良く2着まで来たなという走りで、東京マイルなら主役を張れるはず。3番人気くらいかと思ったら5番人気くらいなんですね。少しベストウォーリアらしさを感じます。

ゴールドドリーム関東オークス2着のモンヴェールの4番仔で姉にグリューネヴォッヘとファンシミューズ。牝系自体がSpecialで、Nureyev=Number3×4、姉2頭も内1800向きでしたが初の牡馬ということで期待を込めて。

トッコディルーチェは母が最強カリズマティックを通じでWeekend Surprise≒Drone3・3×4、自身がKris.S4×3というなかなか刺激的な配合。東京は合うのでここまで人気がないなら。やっぱりカリズマティックはいいです。

マイネルバサラシニスターミニスタ×サザンヘイローだから軽いだとは合いそう。

ケイティブレイブはLa Troiennneの牝系で、母母がBe My Guest×RelianceだからHyperion×Relianceのニックス、自身はHalo≒Red God3×5なので内1800を上手く立ち回るタイプだとは思いますが、「根性がある」とのことなので、Be My Guest×Reliance×Ribotの粘り腰に少し期待したみたいです。父アドマイヤマックスファンシミン牝系にノーザンテーストですから粘っこい馬を出しやすい血統ではありますね。

ストロングバローズとエネスクは内枠だと競馬が難しそうですよね。いずれにしても◎〇▲の争いではないかと思っています。

 

---------

 

ウマニティさんでのコラム、今週はフェブラリーSを書いています。

【フェブラリーステークス】血統考察 byうまカレ|競馬コラム|競馬予想のウマニティ - サンスポ&ニッポン放送公認SNS

 

今週のうまゼミ!!

www.youtube.com

 

derby6-1.hatenablog.com

 

----------

 

【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)

望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo

栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html

『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

広告を非表示にする