読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4歳上500万下

“血統表”と“現実”のすり合わせ、“競走馬の個性”の解釈

レーヴドスカー×ディープインパクト

レーヴドスカーのことを書こうと思ったのはレーヴミストラル日経新春杯を制したからじゃなくて、レーヴァテインが新馬戦を楽勝したからです。

今では、血統や配合が好みの馬=好きな馬になっていますが、競馬を始めたころは特に理由なく馬を好きになっていました。自分を競馬の世界に導いてくれたのはブエナビスタですが、1番最初に好きになった馬は間違いなくレーヴドリアンです。そしたら、菊花賞の後に腸捻転で無くなってしまって...。人生で初めて競馬で泣きました。それでも無念を晴らすように1つ下のレーヴディソールが無敗で朝日杯を制して、中学生の自分は「競馬ってドラマがあるなぁ」、「血統ってすごいなぁ」と思いましたね。

 

レーヴドスカーは仏産で、現役時代はサンタラリ賞(GI、芝10F)を制し、仏牝馬三款ではオペラ賞(GI、芝10F)、ヴェルメイユ賞(GI、芝12F)ともに2着、02年のジャパンカップにも来日しテイエムオペラオーの7着。

父Highest Honorはイスパーン賞(GI、芝9.25F)を勝ち、仏2000ギニー(GI、芝8F)やフォレ賞(GI、芝7F)で2着などがあり、Nasrullah5・5×4・4で、母はRiverman×Sir Gaylord×Nasrullahレーヴドスカー自身はSir Gaylord4×4、レーヴ一族の斬れはこの血の影響が強いんでしょう。

 

しかし、レーヴドスカーが日本で優れた産駒を輩出できるのは、優れたスピードを持っているからでしょう。父Highest Honorも母父バイアモンも9F以下のGI勝ちがあります。

 

Highest Honorの母父RivermanNever Bend×Prince John)は日本向きで知られていますが、Never Bendの母LalunはTeddyを3本クロスして、「Black ToneyPeterpan×母父Ben Brush←Lexington4×5)×La Troienne」のBimelechを母父に持ち、母はBlack Toneyのクロス。

 

先述Highest Honorの母のRiverman×Sir Gaylord×Nasrullahの奥にあたるHighest Honorの4代母Bonnie Berylは父父がSir Gallahadで、Celt≒Ultimus3×3、Ben Brushも持ちます。

f:id:derby6_1:20160118180520j:plain

 

レーヴドスカーの母父バイアモンの母母Locust Timeは母父がMahmoudですが、父Spy SongがPeter Pan3×3(Black Toney持ち)で、自身はMan o' War4×3

f:id:derby6_1:20160118180541j:plain

 

レーヴドスカーの2代母父Green Dancerの母母Sly PolaPeter Pan4・4×6で、Black Toney3×5でもあり、別にUltimus(Domino2×2)も持ち、Man o' War4×4・4です。

f:id:derby6_1:20160118180600j:plain

 

種牡馬ディープインパクトは、ゴリゴリのスプリンター牝馬との配合でもマイラーに、ステイヤー牝馬との配合でも中距離馬に寄せてくるスーパーサイアーで、そのの中で米血パワーがある血といえば、Admiral Drake≒Sir Gallahad3×3、母がMan o' War3×4のHail to Reasonに、Alzaoの母Lady Rebeccaが内包する、Sir GallahadMan o' WarUltimusを持つAtticaと、Sir GallahadUltimusを持つRomanでしょうか。

f:id:derby6_1:20160118180800j:plain

f:id:derby6_1:20160118180819j:plain

 

ディープインパクトとの配合だと、お互いが内包するパワー優先の血

DominoCommandラインのPeter PanBlack Toneyや、Ultimus

Man o' War

Sir Gallahad(≒Admiral Drake)

が脈絡し、柔らかく、かつ強く動ける馬が誕生する(既にした)のでは?

米血と欧血の割合が程よい塩梅になっているようにも思います。

 

レーヴドリアン(父スペシャルウィーク)やレーヴミストラル(父キングカメハメハ)だとNijinskyのクロスになるし、レーヴデトワール(父ゼンノロブロイ)やアプレザンレーヴ(父シンボリクリスエス)だと少し米血が強かったのかもしれません。

 

ちなみに、Nasrullah、Royal Charger、Mahmoudが多いですが、Mumtaz Mahalの本数は11本(たぶん)

 

レーヴァテインはSir Gaylord6×5・5にもなるんですが、それを打ち消す程よいパワーが発現されているように新馬戦をみると(好きな血統だからひいき目だろうけど)思えたんですね。

これはひょっとするとひょっとするかも...?とにかく種牡馬ディープインパクトもすごいけれども、ディープインパクト×レーヴドスカーも素晴らしい配合なんじゃないかと思ったんです。

まーた青葉賞勝つんですかね~

 

【参考】

日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究(笠雄二郎著)

血は水よりも濃し 望田潤の競馬blog

栗山求 Official Website

広告を非表示にする