読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4歳上500万下

“血統表”と“現実”のすり合わせ、“競走馬の個性”の解釈

【秋華賞回顧】外回りちっくな秋華賞

ミッキークイーンがオークス秋華賞の2冠を達成。ハイペースで、望田さん曰く「(父母父の)Rivermanの切れを伝える種牡馬」Gold Awayを母父に持ちストライドで走るミッキクイーン、母がRiverman4×3のストライドで走るクイーンズリングという外回り向きの馬のワンツー。さすがにここまでのハイペースになるとこういう外差しが届くもの。クイーンズリングは内1400のフィリーズレビューを勝ってますが、ハイペースで大外を回ってのもので母母がSir Gayloadクロスのダイワマッジョーレの阪急杯と同じこと。能力上位は明白でここまでは納得。

 

しかし3着にキンカメ×SSで1/4の母母の父がGrey Sovereigh系Kenmare×Riverman×Sir GayloadというHighest Honnorを持ついかにも外回りで斬れそうな血統のマキシナムドパリが。これは典型的な外斬れ牝馬だと思っていて、前走も内2000の勝利だったけれどモノが違ったのだろうという見立てだったのでまさか4角3番手から残すとはこの秋ショウナンパンドラに並ぶ激走です。単純な外斬れ牝馬なら今日の流れを3番手から粘り切るのは不可能に近いはず。考えられるのは3代母Admirationがフランスの3000mの準重賞を連覇している馬で、Fair Trialを含めてLady Jurorの仔3本持っているのでここが活きたのかという説。

 

4着のアンドリエッテは母がMr.Prospector3×4、母母はダ10FのGIII勝ち馬で、Dr.Fager4×3という馬。柔らかいMr.Prospectorをクロスしているから?かよく分からないけれど、今回出ていたディープの中でもエンジンの掛かり、乗りが遅すぎて、騎乗経験があってそれを分かっていたであろう川田騎手が早めに動いたのに1回沈むかけて、直線でようやくエンジンが掛かって4着を拾うという。このエンジンの掛かりの遅さは「柔らかい」からなのか?だからといってダートが合うわけでもないだろうし、これは誰かに聞いてみたいところ。

 

5着のアースライズはこれで三冠は8着→4着→5着だから立派で16番人気はさすがにナメられすぎ。字面上は母が愛オークス2着、3英オークス3着のライジングクロスで、Halo≒Sir Ivorというニアリークロスを持ち母系にBustedを持つというのはディープインパクトと同じ。母系に置くにはHornbeamも持ち、ストライドで走りスタミナ牝系だから消耗戦に強い。こちらが思っている以上に奥のある血統で、今年も来年もエリ女では注目したい存在。

 

タッチングスピーチは6着まで。前走は外回りで勝ったにしてもストライドで走るタイプではないのでエリ女はどうか。とにかく前に行きたい...。7着アスカビレンはフォーティナイナーのパワーが出ていて(総帥もトモがパンとした、と言っていた)内回りは向いていて、ディープとNashwanのBurghclere≒Height of Fashionのスタミナもあるからここまで頑張れたが2000のハイペースだとここが限界。ただ見立ては良かった。

 

トーセンビクトリーとレッツゴードンキは仕方なし。レッツゴードンキの敗因は説明不要だし、ユタカさんもいくら内回りとはいえ、この流れでマクッっていったら無理との判断だったんでしょう。ただ、こういう馬が外回りのレースを制することもあって、やっぱり競馬は展開が重要。競走馬をアスリートとしてみる正攻法の予想では展開が読めないとダメですね。

 

展開読みなんて外れることが多いのだから、それならば惚れたうまをどんな条件でも展開が向くと思い込んで◎を打ち続けた方が、収支的にも精神的にもGoodなんだろうなぁと思ってます。それでいくと菊花賞は例のハッピートレイルズ天皇賞はサトノクラウンになっていくんでしょうな。 

 

広告を非表示にする