4歳上500万下

“血統表”と“現実”のすり合わせ、“競走馬の個性”の解釈

ショウナンパンドラとリアファルとスプリンターズS

先週の中山芝はCコース替わりでイン前有利に。エアレーション効果も抜けてきて馬場は硬くなっている。今週は、木曜夜~金曜午前にかけて降雨の予報。週末は太陽が出るので時計も出そうです。

 

オカマ、ショウナンパンドラの成長力にはびっくり。ディープにゴールデンサッシュだから基本的には非力で、平坦外回り向きに出る。パンドラも戦績だけ見れば内回りでの実績があるけれど、本質的には外回り向きだろう。ノーザンテーストフレンチデピュティのパワーが上手く伝わっていて、まさに「パンとした」という表現がぴったり。でも本来は欧州の重厚な血統だから牡馬の方が活躍しやすいともいえる。「秋天Hyperion」という格言が存在するように10Fという特殊な距離は2400型の緩さでもダメで、マイラーよりのパワーも要求される。中山でこのパフォーマンスをされたら相手関係云々もあるけれど、東京では更に評価しなければならない。

 

神戸新聞杯はリアファル。このクリソプレーズっ仔は望田さんの「エルコンは牡馬にスタミナ、牝馬に機動力」説を証明している繁殖牝馬。エルコンのSpecial=Lisadellクロス、ForliのRiot≒Fair Trial、その前向きな気性とSon-in-Lowの2面性は母父となっても現れている。クリソプレーズの母キャサリーンパーはNasrullah=Milindi4×5、Prinse Rose5×5とこれまた名血のクロス。本馬はクリソライトと同じく牡馬なのでスタミナがありそうというのはレースを観ていても分かるし、Sadller's WellsやRivermanNever BendSeattle Slewの母My CharmerのLa TroienneやRibotからの遺伝で肩が立っている。今回のレースも、中京の前走も、展開や馬場の利だけでは説明がつかないことは誰の目にも明らかで、本番でも注目の存在。一雨降ればなおさら。

 

さて今週は凱旋門賞ウィークエンドとスプリンターズS

香港のリッチタペストリー Rich Tapestryは楽しみ。父Holy Roman Emperorはフランスのジャンリュックガルデール賞を勝っている早熟スプリンター。デインヒル×Secretariat×NDでND3×3、3代母はSir Gallahad=Bull Dog4×4・5だった。パワーの中に相対するSecretariatのような血があるのが良い。母はSadller's Wells産駒だから自身はND4・4×3、更に底力はHis Majesty=Graustarkで補強。このFlower Bowlっ仔クロスはウオッカがそうだったような気がする。過去のレースを観ても終いがしっかりしている、かつやや掛かるということでいかにもルメール騎手が合いそうな印象。速い時計になった時にどうかだが、前走のクリスフライヤーインターナショナルにしても終始外々を回っての5着で内容的には全く悪くない。今回内枠でも引いて、ルメール騎手が絶妙なタッチで先行させたら抜け出してこれそうなイメージはある。

 

ストレイトガールはズブさが出てきた今中山1200は微妙だろうし、ウリウリも1400がベストだろうから1200ならば中山<阪神<中京だろう。ハクサンムーンサクラユタカオーもシエイデイハイツもNasrullah基調で自分には柔らかさがあるように見えるから、直線が長い方が合っているように見える。今年の宮記念のように。ミッキーアイルは6Fだとスタートもあるし外枠が欲しいだろう。

 

先行馬なら本格化したベルカントがHペース必至でも評価したい。母父ボストンハーバーの父Capoteの母がBull Dog4×4、3代母父AlyderがBull Lea4×4でこれらがクリアアンバーに脈絡。とはいえCapoteはNasrullah5・5×3・4、3代母AmarissaもNasrullah4×4・5でNasrullahも継続クロス。サクラバクシンオーは本来はサクラユタカオーの仔で柔らかいから、下り坂の小倉1200で勝ちまくって、1200でも急坂のある中山1200のスプリンターズで成績が良くないのであって、ユタカオーの柔らかさよりは、脚質に出ているように米血パワースピードを感じさせるベルカントには、たとえここで凡走しても、「やっぱりバクシンオーはスプリンターズではダメだ」と言ってほしくない。条件は良いし、右にモタれるので昨年と違い右回りなのもGOOD。

 

Hペース必至なのであれば当然ティーハーフ。父ストーミングホームがMP3×4、自身はHalo≒Sir Ivor4・5×4、しかし走りを見れば分かる通りDangizらしさが出ている馬だ。本馬の母父は日本ではシンコウフォレストメジロダーリングを、自国でもInvicible SpiritやOasis Dreamら名スプリンターを輩出したGreen Desert。彼はDanzigNever Bend×War Admirallというワンアンドオンリートワイニングやメイショウカドマツやアルビアーノやヤマニンパラダイスやダークシャドウと同じ最強Coutry Dee牝系だが、母父がSir Ivor。どちらかというとパワーとは相対する柔らかさのある血で、ここでも相対する血の重要性を感じた。コースは合うし、雨が残れば。流れは向くので。

広告を非表示にする