読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4歳上500万下

“血統表”と“現実”のすり合わせ、“競走馬の個性”の解釈

エルコンの配合から考える、ミュゼエイリアンの配合

配合

予想していると、この馬の血統は...とどんどん脱線していくんですよね。その流れでついついくりがしらさんのブログを読みだしてしまい、また自分なりにレビューというか、まとめというかを書いて知識の定着に。

やれなかった・やらなかった・どっちだろう スクリーンヒーロー×サドラーズウェルズ×リヴァーマンの二石四鳥な関係

 

ミュゼエイリアン

スクリーンヒーロー×エースルタンス(byエルコンドルパサー

母父エルコンドルパサーは近親配合の成功例で、Special=Lisadell4×4・3という全姉妹クロスと、Nureyevの母がSpecial、Sadler's Wellsの母母がSpecial+NasrullahでこのNDの直仔2頭もかなりの≒というのは有名なお話。近親配合で競走馬として高い能力を持っていたということは事実なんですが、こういう配合は血統表に入るようになってからこれから何十年、何百年先も影響を与える配合なんだなぁ、と勉強していて思います。

 

エルコンドルパサーは前述の通りSpecial=LisadellとNureyev≒Sadler's Wellsを軸とした馬なので当然その影響が出てきます。大きく分けると、次の2つになります。

 

①Special=Lisadellという馬はForliというアルゼンチンの超快速馬の産駒なのですが、このForliという馬はHyperion×Fair Trialという配合でとにかく遺伝力が強く、強靭なパワーによるスピードを伝えます(ピッチ走法はForliの母父Fair Trialの影響が大きい?)。

 

②一方Sadler's Wellsの母父Bold ReasonはRoyal Chargerの柔らかさとLa Troienneという馬のパワーを伝えます。これは末脚を持続する力。

 

と、ここまでがエルコンドルパサーの説明で、ここにスクリーンヒーローを付けるとどうなるかというと・・・

 

スクリーンヒーローの父グラスワンダーの母父のDanzigは父父母父Hyperion、母母父父がFair Trialなので、①のSpecial≒Lisadellの父ForliHyperionとFair Trialに呼応し強靭なパワースピードが増幅。

 

スクリーンヒーローの母母母母マジックゴデイズとSadler's Wellsの母父Bold ReasonNasrullah≒Royal ChargerとLa Troienne結びつき、柔らかさ+パワー=末脚を持続する力が増幅。

 

スクリーンヒーローの父母母父His Majesty=エルコンの父母母父父GraustalkというRibot×Hyperionという超重厚全兄弟クロスが成立し、パワー、底力が増幅。

 

さて前置きが長くなりましたが、ミュゼエイリアンは前述の通り父スクリーンヒーロー、母父エルコンドルパサーで3/4が埋まりますが、母母がエリンバードという馬。自身は伊1000ギニー勝ち馬で、産駒には日オークスエリンコート。この牝系は私の大好きなコンデュイットや、フサイチコンコルドアンライバルド兄弟の母バレークイーン、最近ではアドマイヤデウスを出したアドマイヤラピス一族などが出ている中長距離型。柔らかいSir IvorRivermanの血を持っています。

 

先述した①Hyperion×Fair Trialの強靭なパワースピード、②Nasrullah≒Royal ChargerとLa Troienneの末脚を持続する力、③His Majesty=Graustalkの超重厚感はパワー寄りですので、おそらくそこにエリンバードの柔らかさはマッチしているんだと思います。基本は①②③のパワー、小回り型なのですがキンカメ×エルコンの残りの1/4のエリンバードの柔らかさの分ある程度ストライドも伸びるので毎日杯も勝てたわけでしょう。

 

しかし、(ダービーで来る来ないではなく)やっぱりForliHyperionとFair Trial)とHis Majesty=Graustalkなのでマクる競馬が合っていそうなイメージ。ダービーにおいては小回り向きだから、瞬時の反応力はあるから超スローか、雨でも降って超持続力勝負になったら可能性はあるかも。前に付けて、ビュンッと一瞬抜け出すシーンは考えられますからそこからが難しい馬です。もうセントライト記念が楽しみだ...

 

と、ここまで書いて思ったのはNureyevとSadler's Wellsはほとんど同じ血統なのに、どうしてディープ×Nureyevは抜群に良くてディープ×Sadler's Wellsは良くないんだろうなと。それってやっぱりNureyevの方が一応Forliが強く出ているからなのでしょうか?どっちにしてもLyphardとのFair Trialクロスは効いてるんですよね?ちなみにSadler's Wellsと=の母父Fairy Kingからはトーセンデュークが出ましたが。

 

しかし、トニービン×ノーザンテーストからエアグルーヴサクラチトセオーテレグノシスが出たようにディープ×パワー型BMSで活躍馬が続出していて、いつの時代もパターンは同じなんだなぁと感じました。

 

それとドゥラメンテはHornbeam6×5でトニービンの再現性が高いと思っていますが、トニービンでもNasrullahが強ければマイラーだし、Hyperionが強ければ2400型に出る。さてドゥラメンテはどっちでしょう。

 

最後は話が脱線しまくりましたが、ミュゼエイリアンはなるほどなぁと思う配合でした。おしまい。

広告を非表示にする