読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4歳上500万下

“血統表”と“現実”のすり合わせ、“競走馬の個性”の解釈

ドゥラメンテの配合について

最近は予想をしているよりもPOGのリスト作りの方が楽しいですね。ただPOG向きの早熟性のある馬は僕の好みではないので、引退までPOGとかやってみたいですね。

 

ダービーで1番人気が予想されるドゥラメンテ。これまでは「キンカメらしく瞬時の反応が~」とか、「トニービンだから東京が~」と言っていましたが、それはそれで良いとして、多くの血統有識者のブログを読んだりしていかにこの配合が素晴らしいものなのか自分も何となく分かってきたような気がします。知識の定着のためにも簡単にまとめてみます。

 

ドゥラメンテ

キングカメハメハ×アドマイヤグルーヴ(byサンデーサイレンス)】

という血統。キンカメ×SS×トニービン×ノーザンテーストは日本でリーディングサイアーになった血統だらけで、そら優秀だろうと(笑)ミッキードリーム、タガノエトワール、アルパーシャンなどを輩出しています。

 

祖母エアグルーヴの父トニービンNasrullahの柔らかさとHyperionのパワーや粘着力が組み合わさり、長い直線で柔らかく斬れる馬を多く輩出しました。トニービンの母父はHornbeamという馬なのですが、この馬はHyperion×Nasrullahなのでトニービンと同じような資質を持っています。そしてキンカメの母母父母父がHornbeamなので、キンカメにトニービン持ちの繁殖を付けると、このHornbeamのクロスが成立するのです。すると当然東京向きのトニービンらしい馬になりやすくなります。

 

キンカメ×トニービン持ち繁殖の馬たちは、ルーラーシップ、ラブリーデイ、ミッキードリーム、タガノエトワールと外回りの重賞で好走した馬が多いですよね。特にルーラーシップ天皇賞とJCは大出遅れしなければ・・・という馬でしたし、プリンシパルSは秀逸でした。

 

さらに強調すべきはドゥラメンテは祖母がエアグルーヴという点。エアグルーヴの3代母パロクサイドはHornbeamと近い血統構成で、エアグルーヴはHornbeam≒パロクサイド3×3というニアリークロスとなります。なので通常のキンカメ×トニービン持ち繁殖よりもトニービンの再現性が高いと言えます。

 

それでいてドゥラメンテは母父サンデーですから、長い直線で斬れてくださいというような配合。しかしサンデーやトニービンを合せすぎると柔らかすぎるので、しっかりと母母父のノーザンテーストの頑強さや、Kingmamboのパワーで補強している、柔らかさを更に活かしている、という印象です。

 

このパロクサイド一族はリアルバースデールーラーシップが敗れており、ダービーは未勝利、そしてキンカメ産駒もダービー未勝利、母父サンデーもダービー未勝利。ドゥラメンテに関してはアドマイヤグルーヴ譲りの気性から距離延長も懸念されています。しかし「東京替わり」という点だけは間違いなくプラスで、多くの血統的ジンクスを打ち破れるか楽しみです。

 

やっぱりダービーで1番人気になるような馬はそういう血統構成をしているんだなぁと思いました。まぁ今のところは◎サトノラーゼンなんですけどねw

 

 

広告を非表示にする