読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4歳上500万下

“血統表”と“現実”のすり合わせ、“競走馬の個性”の解釈

福島牝馬S

レース考察2015

久しぶりに日付が変わる前に次の日の予想を一通り終えることができた。東京で楽しみなレースが一つも無かった。ちなみに先週はウマニティでアンタレスS、◎クリノスターオー○ナムラビクターの馬連が1着3着、クリノと△ダノンパトゥーラのワイドが1着4着というかなりキツい結果。その尾を引きずって久しぶりに大敗。

 

皐月賞は特別驚いた結果にはならなかった。ドゥラメンテも予想通りだったが、ひとつ挙げるとすればリアルスティールのレース運び。今年の福永騎手は一味違うぞ、と思ったいたが完璧に乗ってくれた。私は競馬TIMESさんに記載させていただいたコラムに、こう書いていた。

 

皐月賞は中山内回り2000Mというコース設定のため、動きたいところですぐに動ける「操作性」が重要です。言い換えれば「瞬時の反応」。ロゴタイプイスラボニータといった過去の皐月賞馬のように、一瞬の仕掛けで反応できるタイプの馬が勝ち負けになるでしょう。

そうした前提で見ていくと、リアルスティールは「操作性」がないタイプのように映ります。世界的な名馬を多く輩出しているMiesqueの血を引く超良血馬で素質は一級品です。しかし、スプリングステークスを見る限り、「操作性」に疑問符がつきます。スローペースとなった中、リアルスティールは4コーナーで動けず、なかなかポジションを上げられませんでした。

直線に入り、エンジンが掛かってからの伸びましたが、2着止まり。「スローペースだから仕方ない」という見方もできますが、この4コーナー手前で見せた反応の悪さは皐月賞においてマイナスになる可能性は十分にあります。

矢作厩舎の先輩ディープブリランテのように先行すればいいですが、福永祐一騎手は後ろから競馬を進めることが濃厚です。有力馬で操縦性の高い馬もいますから、後ろからの競馬となると勝負どころの4コーナーで差をつけれれてしまい、直線伸びるも届かず……未来は想像に難くありません。

脚質の不利を克服できるほどの才能を秘めているのか。はたまた思い切った先行策に出るのか。注目されるところです。

 ただただ完璧。あれ以上ない騎乗だったが、ドゥラメンテの加速力が優った。果たしてドゥラメンテが東京2400で同じようなパフォーマンスが出来るのか、1か月頭を悩ませることになりそうだ。まぁ、私はいつも通り内枠の3着探しをしますけどね。

 

福島牝馬S

今年の中山牝馬S福島牝馬S路線は先行馬が多い。実際に中山牝馬はかなりのHペースで差し決着。今回も同じような流れになるのかな~と思うが、中山牝馬ミナレットが強引にハナを叩いたこともあり、かつ外差し馬場だったことを忘れてはならない。今回は結構テンが速いペイシャフェリスの存在もあり、コースも今週はBコース変更だし、中山牝馬ほどの外差しは無いと予想。

 

◎②ブランネージュ

○⑫リラヴァティ

▲⑯パワースポット

△⑤ケイティバローズ

△⑩グレイスフラワー

 

◎ブランネージュはシンボリクリスエスらしくない器用さが魅力。母母がサンデー×トリッキーコード(=ハットトリックの全姉)で切れ味も保有しつつ、父から強靭な持続力を受け継ぎ、厳しい流れだったオークスでも外目の5番手から粘り込んで4着。ただ、先述したように器用さを兼備しているため内枠からの好位差しがベスト。前走はあの速い流れを3番手と明らかに展開が不向きで、今回は中団やや前目からインを突いて4着だった秋華賞のような競馬が可能。

 

と、まぁレース見てれば誰でも分かることを言語化しただけですw

 

○リラヴァティはアダムスブリッジの全姉。母シンハリーズは高確率でオープン馬を輩出する好繁殖牝馬だ。シンハリーズはSS直仔と配合されるとヘイロー3×4になるので、スピードや器用さを持つ産駒が生まれるのだろう。アダムスブリッジがロブロイらしくない瞬発力を見せつけたり、アダムスピークが東京ダートマイルでスピード豊かに走るのはその影響だろう。重賞でも戦えることは証明済みで、ローズSで結果を出しているといってもベストは1周の1800~2000だろう。というか、福島牝馬で鉄則ともいえる、距離短縮組が今回はこの馬のみだという...。

 

▲⑯パワースポットはいくら充実期を迎え末脚に磨きがかかってきたとはいえ、福島で大外だと3着を外す可能性も低くはないと思うが、横山典弘という方がお乗りになるので。△⑤ケイティバローズは競馬の形が決まっているので、捌ければというところ。母父キングマンボでは昨年トーセンアルニカが4着に激走。△⑩グレイスフラワーは前走4角をロス無く回ったことが6着の要因ともとれるが、あの日は外差し馬場で4角で惰性を付けた馬の方が有利だった。

 

他で気になるのは、④フィロパトール。究極に乗れば混合G3でも4着が取れる福島巧者で血統的にもTHE持続力血統。昨年と違い休み明けなのが気になりはするが。⑦オメガハートロックは前走直線に入ったところで他馬に置いて行かれた点が気にならないが、記者さんたちの印がこれほど回っているということは、体調面のアップだとか陣営の手応えだとか、そういう者があるんでしょう。母父エルコンで無くはない。⑪ペーシャフェリスは中山マイルがベストのイメージがあるが、久しぶりに息が入れられる1周の競馬で一考も。ただ延長ローテは気に入らない。⑭マイネグレヴィルもフィロパトールと同じようなタイプだから当然無くはないでしょう。

 

⑥スイートサルサは力を付けたとはいえ、左回りの直線の長いコースでこそしょうよ。生涯2度目の右回り、しかも小回りです。⑬アルマディヴァンは距離も長く、しかもこの枠でどうやって来るというのでしょうか。

 

これだけ先行勢揃っていても、前に意識は置いておいた方が良いかなと。

 

馬連◎ー各印

ワイド◎ー④⑦⑪⑭

広告を非表示にする