読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4歳上500万下

“血統表”と“現実”のすり合わせ、“競走馬の個性”の解釈

《展望》阪神JF ~ 中距離馬の斬れで

審査委員の思想発表会と化した新語流行語大賞での「日本死ね」問題。あれは、ブログを投稿した母の悲痛の叫びだったか否か(いや、恐らくそうなんでしょう)ではなく、「国民主権」が存在する大前提である「国家主権」を否定するような表現を、国民の代表であ…

土曜の注目馬 ~ ナカヤマフェスタとFlower Bowl

ディープインパクト(系)×Pacific Princess 中山5Rの新馬(芝1600)と6Rの新馬(ダ1800)にはアーザムブルー→セダブリランテスと、キズナやラストインパクトやモンドインテロが出た好相性の「ディープインパクト(系)×Pacific Princess牝系」が連続出走。特にアー…

エイシンフラッシュ産駒考 ~ エイシンフラッシュとHalo

2016年の牡牝3冠は、6競走全てで異なる馬が勝利しました。そのうち5頭がディープインパクト産駒だったということが衝撃ですが、そのうちの4頭はHaloクロスを持っている...というのは話題になりました。 Haloという血の特徴は、 ①芝向きの柔軟な体質 ②無駄の…

先週の2歳戦 ~ Satono Arthur , Rey de Oro

昨日は大きなニュースがたくさんありました。安倍首相の真珠湾訪問、イタリアの国民投票と首相の辞任、オーストリア大統領選での極右政党の躍進... すごい転換期にいるのだなと感じますし、今こそ日本の出番。そのために、戦争を終わらせるために、真珠湾へ…

《チャンピオンズC回顧》田辺騎手、Sauce Boat、3~4角の下り

第17回チャンピオンズカップ GI ◎11.コパノリッキー 〇5.ロワジャルダン ▲9.ノンコノユメ △12.ゴールドドリーム ★4.アスカノロマン チャンピオンズCとなってからは今年が3年目だが、過去2年のレース質は正反対といえる。1年目の2014年は1番人気のコパノリッ…

チャンピオンズC と 今日の2歳戦

レイデオロ強かったなぁ。あるPOGでカデナとレイデオロをどちらも指名しているので楽しみですし、ラドラーダは完全に名繁殖への道を進み始めた感アリ。 ----- チャンピオンズCはハイペースになるかな、ホッコータルマエの2014年よりもサンビスタの昨年のよう…

今日の2歳戦 ~ Karakurenai , Nishino Apple Pie , Cuban Mambo

阪神5R、ダノンロマンはディープインパクト×Storm Cat×Myhrr(=Kingmambo=Monevassia)なので、リアルスティール=ラングレー=プロディガルサン=ガデナダムールと同血。ノーザンFではなく社台Fの生産でセレクトセールで1億584万で落札されました。牡馬なの…

《チャンピオンズC》サトノアレス / ホッコータルマエ / タガノトネール(タガノレヴェントン) / ロワジャルダン

サトノアレス 赤松賞を制したサトノアレスは、母サトノアマゾネスがデインヒル×米血の塊で、これはスターアイル→ミッキーアイルを想起させます。ミッキーアイル(ケントオーもそうかも)に似た手先のパワーを感じさせる走りをしています。これは突き詰めればTe…

第36回ジャパンカップ 回顧

第36回ジャパンカップ(GI) ◎15.ナイトフラワー 〇17.シュヴァルグラン ▲1.キタサンブラック △12.サウンズオブアース ★3.ゴールドアクター 1番人気濃厚のキタサンブラックは、HyperionとLady Jurorによるダイワスカーレットやダイワメジャーやハーツクライや…

ジャパンカップ3時間前短考

ジャパンカップの前に、カデナ強かったです。非社台系ディープPOGなど何か所かPOGでも指名していて、ダービーがうっすら見えました。福永騎手が百日草特別でレースをしっかり教えたことが大きい気がしています。 Haloクロスはありませんが、ディープ×フレン…

《京都2歳S ほか 2歳戦》Cri du Coeur

京都2歳、ヴァナヘイムは内回りでも問題がないタイプで、内回りの方がレースは流れるので賞金は加算してくれるのではないかと思います。萩Sでも3着馬は離しており、全く悲観する内容ではありませんでした。 しかし勝ったプラチナヴォイスは、フロックでも何…

《ジャパンカップ》Cheval Grand / Sounds of Earth / One And Only / Nightflower

さてジャパンカップですか。 アークウィークエンド、英チャンピオンズデイ、ブリーダーズカップデイ、香港国際競走との兼ね合いでなかなか一流馬が集まってきませんが、そもそもジャパンカップというのは「世界に通用する強い馬づくり」からはじまったわけで…

マイルCSミニ回顧 / 先週の注目2歳馬

マイルCSは...時間も経ったので少しだけ。以下のような理由での◎ディサイファだったから後悔はないし、ムーア騎手は巧かった。ヤングマンパワーは気難しい馬なのでテン乗り(それまで乗っていたのが気難しい馬を乗りこなすことに関しては横山典弘騎手と双璧を…

《東スポ杯ミニ回顧 / 2歳戦 / マイルCS》Mikki Wine

東京スポーツ杯2歳ステークス [GIII] ◎5.トラスト 〇6.ブレスジャーニー ▲1.ムーヴザワールド △9.スワーヴリチャード ★7.ジュンヴァリアス 人気馬は、A群:ムーヴザワールド・スワーヴィリチャード/B群:トラスト・ブレスジャーニーに大別できる。A群は父がサ…

《日曜の2歳戦 と エリ女》Vosges

エリザベス女王杯 今年のエリ女はそんなに多くを語りたくなるメンバー構成ではありませんが、簡単にまとめてみたいと思います。 ミッキークイーンとタッチングスピーチは、配合こそ異なりますが大箱向きの中距離馬(後者は道悪ならなお良し)で、どちらも地力…

先週の2歳戦 と 土曜の注目2歳戦

今日は鎌倉へ行ってきます。 先週の2歳戦、各馬の詳細については週末のエントリーに書きました。 derby6-1.hatenablog.com derby6-1.hatenablog.com 京王杯2歳ステークス 函館2歳、小倉2歳の1着~3着馬がそろい踏み、例年よりもレベルは高かったと思いますが…

《アル共杯/みやこS 回顧》非ディープ古馬が主役を張る今年のJCが暗示するものとは

2歳戦は別個で。書きたいことが山々です。 アルゼンチン共和国杯 アル共にしてはスローでレースの上がりが46秒6-34秒2、例年より時計が掛かる馬場でのこの数字ですからタフナ東京2500でも上がりの競馬になったと言えるでしょう。 シュヴァルグランは、ハー…

《日曜の2歳戦》好配合が続々と

【アルゼンチン共和国杯】血統考察 byうまカレ|競馬コラム|競馬予想のウマニティ - サンスポ&ニッポン放送公認SNS 土曜の2歳重賞に関しては、また別個で書きましょう。 時間がありませんが今後のためにも2歳戦のレース前考察は残しておきたいもの。 百日…

《京王杯2歳S/ファンタジーS/他2歳戦》クリアザトラック≒(マカヒキ+ディーマジェスティ)

僕は昔の競馬の知識なんてほとんどなく、80年代以前は空っぽ、だけれども今から遡った時に、2000年代後半よりも2000年代前半よりも1990年代後半が1番面白いなと感じるんですね。 ナリタブライアンvsマヤノトップガンの阪神大賞典 サクラローレルvsナリタブラ…

《天皇賞(秋) 回顧》今年も上がりの競馬で

【天皇賞(秋)】血統考察 byうまカレ|競馬コラム|競馬予想のウマニティ - サンスポ&ニッポン放送公認SNS derby6-1.hatenablog.com エイシンヒカリの逃げは《13.3 - 12.0 - 11.6 - 11.9 - 12.0 - 12.3 - 12.0 - 11.5 - 11.0 - 11.7》、レースの上がりは34…

《萩S/アルテミスS/スワンS 》サマーバード産駒とアルテミスのハーツ産駒を中心に

天皇賞(秋)はこちらを。 【天皇賞(秋)】血統考察 byうまカレ|競馬コラム|競馬予想のウマニティ - サンスポ&ニッポン放送公認SNS derby6-1.hatenablog.com 今年の天皇賞の穴はアルバートドックだと思ってたんですが、ジャスタウェイのHyperionが覚醒した…

《天皇賞(秋)》名手が隠れた持続力を引き出す

天皇賞(秋)は一般的に最も馬が充実すると言われている「4歳の秋」、つまり「馬の個性が完成された時」に迎えるの最初の大一番であるから、毎年高揚感は相当なものがある。しかし、どちらかというと、馬の能力比較に重点を置いたレース考察をする自分にとっ…

菊花賞と2016牡馬クラシック回顧

競馬を観初めて7年、高校生の頃まではファンファーレの時はめちゃくちゃ鼓動が速くなり、手に汗を握って観ていましたが、並みのGIではそれほど緊張しなくなりました。それでもやっぱりクラシック、特に皐月賞・東京優駿・菊花賞というのは別格で、この興奮を…

マンハッタンカフェとNijinskyの親和性は突き詰めるとBlue Larkspurに辿り着く。

菊花賞については以下を。 【菊花賞】血統考察 byうまカレ|競馬コラム|競馬予想のウマニティ - サンスポ&ニッポン放送公認SNS derby6-1.hatenablog.com ----- 土曜の新潟で500万を突破した、母がTom Fool≒Flaming Page4×3のメイショウガーデンの走りを見…

《菊花賞》いよいよ◎を打つとき

ようやく菊花賞についてまとまって考える時間ができました。各馬の見解については、ウマニティさんへ寄稿しました。 【菊花賞】血統考察 byうまカレ|競馬コラム|競馬予想のウマニティ - サンスポ&ニッポン放送公認SNS レインボーラインについては、2歳時…

秋華賞の回顧 / 日本の芝レースと血統について

紫菊賞のアダムバローズは、母が米血の塊らしいパワーと馬っぷりの良さがありますね。2着のワンダープチュックは、母のSecretariat≒Bold Bidderの影響かちょっと非力な斬れにうつるのでクラシックとなると更なる成長がほしい。ちょっと時計的には物足りない…

《府中牝馬S/紫菊賞/プラタナス賞》ナカヤマフェスタの相似配合グリトニル

今週から秋の新潟開催。東西ともに2日間とも良馬場開催でやれそうでなによりです。果たして今週はどんな馬場になるのか、しっかり見極めながら観たい気持ちもないわけではありませんが、「週末は街に喧噪が少しだけ解き放たれて、みんな束の間の自由をエンジ…

《秋華賞》ハイインロー(HyperionとSon-in-Law)的な名馬と、ビッシュ/キンショーユキヒメ/レッドアヴァンセ/ダイワドレッサーの話

望田先生が、一昨年やられていた『血統クリニック』は、まさに『「血統表と現実に何が表出しているのかとのすり合わせ」によってその馬の真実に迫ろうとする』ということを体現しているものとして、完璧すぎるコンテンツで、競馬の読み物でこれほど唸ったこ…

《天皇賞/JCへ向けて》毎日王冠/京都大賞典 回顧

土曜は、中山競馬場さんが主催している昨年の「学生予想大会」で知り合った友人と指定席で、日曜は高校時代の友人が大学の授業の一環で競馬場に来るというので2日間とも府中へ。ヒストリカルの複勝だけ買ってたようで、まさにビギナーズラック。 毎日王冠 今…

サウジアラビアRCかんたん考察

京都3Rのマイティドリームは現状京都の方が良いでしょうから、そろっと決めてくれるんじゃないでしょうか。 東京3R、Sea the Stars×Storm CatでForeign Courier≒Hopespringseternal≒Terlingua(ナスキロ+Tom Fool)4・4×3で好みの配合のバトルスピリッツは決…

第95回凱旋門賞/第50回スプリンターズS 回顧

凱旋門賞 勝ち時計が日本ダービーよりも速い2分23秒61、レース映像を観る限り2000m(残り400m)通過が1分59秒37、Mahmoudさんの試算によると、レースの上がりが36秒63ということですから、究極の持続戦で、こういうレースで、3角~4角がかなりきついシャンテ…

Prix de l'Arc de Triomphe 2016

【凱旋門賞】血統考察 byうまカレ|競馬コラム|競馬予想のウマニティ - サンスポ&ニッポン放送公認SNS Dubawi産駒は、4頭出しで、その中で勝負になりそうな馬は3頭。 そのうち3頭は、DubawiのMill Reefや、Sir Ivor≒Drone(Shareef Dancer≒ダンシングブレ…

スプリンターズS18時間前雑感

サトノアーサーは同着だったんですね。てっきり負けたと思ってました。 阪神5R確認したけど、この馬場だとサトノのしなやかさよりも、スズカのホッコータルマエ的パワーが優った感じですかね(^_^.) — 金沢 ユウダイ (@derby6_1) 2016年10月1日 母キングスロ…

菊トライアルを終えて

まずは神戸新聞杯の回顧から入りたい。 穴として唯一期待していたマイネルラフレシアは、トニービン×Nureyevのナスペリオン斬れのジャングルポケットに、バブルウイングス牝系だからNureyev≒Sadler's Wells3×5の持続斬れで、トニービン系らしく東京のアイビ…

今日の2歳戦

中山5Rはなかなか配合的に面白い馬たちが出走します。 ハービンジャー三騎、サンキューゴットは母がエンドスウィープ×フサイチミニヨン(サンデーサイレンス×バレークイーン)で、Fair Trial豊富なバレークイーン的な硬派な血の方がハービンから大物を出すに…

神戸新聞杯/オカマ 考察

コラムを入稿したのですが反映されないのでこちらに上げます。 ----- 【神戸新聞杯】 ●取りこぼしは考えにくい 配合的な点からサトノダイヤモンドについて簡単に説明すると、Halo≒Sir Ivor3・5×5・4でサザンヘイローを通じるHaloのクロスはマカヒキと同じ。…

今日の競走あれこれ

毎週この時間(24時~27時)くらいに新聞を触りながら出走馬をみていると、湿度が上がって新聞の手触りが変わる時間があるんですね。大体26時です。毎週のように「湿度の変化」でググッてます。 だんだんと2歳未勝利戦が増えてきましたが、阪神1Rはプロキシ…

セントライト記念/ローズS 回顧

セントライト記念におけるディーマジェスティについては、色々なところで書いたり話したりしてきましたが、まとめると、 ダービーにおける『これほど「パワー」と「スタミナ」に富んでいるタイプが、このハイレベル世代で、エイシンフラッシュのダービーのよ…

ローズ/セントライト4時間前雑感

昨日は愛すべきコスモヴェッキオが3着。前々走くらいから粘りが違ってきましたから、ここもあのサトノダイヤモンドの500万や葉牡丹賞ほど大敗はしないだろうと思っていましたが、ここまで走るとは。 両トライアルについては以下2つに詳しく語っています。 【…

配合的視点からみたディープ産駒の2つの類型 から考えるセントライト記念/ローズS

先週から3歳3冠路線のトライアルが始まっていますが、今週は菊へのトライアルも行われるということでウマニティさんへ入稿するコラムの下書きといってはなんですが、思うことを書き殴ってみたいと思います。 セントライトの出走馬をみてもディーマジェスティ…

今日の競走あれこれ

ウマニティさんで京成杯AHの考察コラムを書いています。今週もよろしくお願いします。 【京成杯オータムハンデキャップ】血統考察 byうまカレ|競馬コラム|競馬予想のウマニティ - サンスポ&ニッポン放送公認SNS ●紫苑S さて、今年から紫苑SがGIIIへ格上げ…

かんたんに重賞回顧など

紫苑Sの登録にメジャーエンブレムの名前がないのは悲しいですね。ブリガアルタ×ユキトも出ると聞いてましたがどこいったんだか。 www.youtube.com 以下、ほとんどウマニティさんに入稿したものです。 ●このメンバーなら当然 札幌2歳Sはトラストが制しました…

札幌2歳S かんたん展望

今日からまだ新潟へ帰省します。東京裁判についての懸賞論文を実家にこもって仕上げようかなと思っております。 今年の札幌2歳Sは低レベルにうつります。 ただまぁ、将来性ならばインヴィクタとタガノアシュラなんでしょう。 〇インヴィクタはハービンジャー…

第36回新潟2歳S 回顧 《ヴゼットジョリーの配合》

新潟2歳については、以下でウマニティさんと、また乱太郎の平本さんたちと語り合ってますが◎ヴゼットジョリーがやってくれました。 www.youtube.com 【新潟2歳ステークス】血統考察 byうまカレ|競馬コラム|競馬予想のウマニティ - サンスポ&ニッポン放送…

今日の競走あれこれ

新潟2歳Sについて以下で考察しています。 【新潟2歳ステークス】血統考察 byうまカレ|競馬コラム|競馬予想のウマニティ - サンスポ&ニッポン放送公認SNS 新潟1Rを勝ったジュンヴァリアスは新馬から書いていますが、デュランダル×ブライアンズタイムですが…

イソノスワローの3/4米、1/4欧

LINEの自分だけのグループを作成し、これをメモ帳として使っているんですが、見返していると同じようなことが書いてあるんです。それは、「もっと大局的≒配合史的な視点で個々の馬の配合を見れるようにならなければならない」ということ。「ディープ産駒とこ…

第52回札幌記念 回顧

札幌記念があり、段々と秋のGI戦線について考える機会も出てきましたが、リオンディーズの天皇賞(秋)というのがどうしても引っかかる。エピファネイアでもリアルスティールでも菊花賞は好走できるんですから。それでもダービーの5着は、ディーマジェスティ…

ハービンジャーからGI馬を生み出すには

ハービンジャーはNorthern Dancer系で最も発展しているDanzig→デインヒルのラインでキングジョージを楽勝。ただ、デインヒル系はパワーがありすぎるためか、日本ではそれほど結果を残せていないというのは周知の通り。 産駒を見ていると、デインヒル系ながら…

今日の競走あれこれ

昨日の新潟新馬のコンデュイットには驚きました。ただ、ちょっと怠慢なストライドにみえたので俊敏なディープっ仔たちとは3歳時には勝負にならない気がしますが...。 関屋記念はちょっと昨年に続いて◎レッドアリオン以外考えられず。もう全国のファンが分か…

今日の競走あれこれ

日曜の午後から遊んで、月曜から昨日まで関西へ。甲子園は丸2日間、7試合観ることができました。地元新潟の中越の死闘は本当に良かった~ 関東方面から帰省すると観れないんですが、関西方面から帰ると、信越線の柿崎→柏崎間は、夕日が絶景ということでも有…